ブログ

イケダハヤトさんの諸刃の剣 ケンカを売るプロブロガー 記事を読んで感じたこと。

投稿日:


By: Dani Lurie

イケダハヤトさんのブログを読んで、書き方の方法論的な論文を書こうと研究しているんですけど、やっぱりイケだっちはすごいな。

http://www.ikedahayato.com/20150908/41559313.html

イケダハヤトさんはみんなにケンカを売るんです。一人を攻撃しないのです。

大きな枠組みを叩くのです。

それがウマイところです。

一個人に対して叩けば、その個人が言い返して小さなケンカで終わりです。

だけど、大きな括りでケンカを売ると何人もの人間が「イケダムカツクーっ」となってあらゆる場所で火の手が上がります。

これが世に言う炎上商法です。

スポンサーリンク

スマホ用

人を怒らすのがウマい。

By: greg westfall
ケンカを大きくしているのです。非常にうまい。

カチンと来たら負けなんですけど、カチンと来る。

炎上商法と思われる「カチン」を入れてきます。

東京で消耗してるの

東京に職を持ち一生懸命頑張っている人が「カチーン」

神経をすり減らして仕事をしているのを「消耗」という言葉で片付けられると誰でも腹が立つでしょう。

サラリーマンブロガーはつまらない

会社員ブロガーが「カチーン」!!

サラリーマンで自分のブログ(居場所)を否定されちゃそりゃ腹が立つでしょう。

最近のブロガーってみんな「Stinger」なんで、面白くないんですよねぇ。

STINGER使っているブロガーが「カチーン」
Enjiさんは気持ちが大きいのでたぶん「カチン」とはしていない。(釣られない)

35年ローンの意味がわからない

35年ローン を組んでいる人が「カチーン」

僕もこの記事はイケダハヤトさんが35年ローンの意味を分かってないと思いました。

そしてカチーンとした人がイケダさんを叩く叩く。

【炎上】イケダハヤト(アフィブロガー) VS 田端信太郎(LINE執行役員) 35年ローンという借金の是非をめぐって大論争

読んでて全然面白くない。

面白くないのに読んでいるんです。

読まなければ批判を出来ないので読んでいる。

いやそんなことはしないだろう。時間の無駄だから。

前々から面白くないって言っているのに、勝手に読んで文句を言う。

読まなきゃいいのに。って思いながらモヤモヤして反論を返す。

これこそ、イケダハヤトさんの思う壺です。

こういう書き方ってカチンとくるんです。

矛盾を入れてケンカを売ってくる。

異論がある?異論は認めません。
じゃあ面白いブログを教えてくださいよ。
ぼくは本当に、勤め人やっている人のブログで「面白い!」と思った試しがありません。

決して聞く耳持ちません。って誓言したあとに。
それなのに教えてくださいよ。っていう。

実際に教えたら教えたであーだこーだ言って「面白くない」で終了です。

はい論破。(修正前:論破。論破。論ぱっぱー。)

ここもカチンときたので書こうと思ったのですが修正されてました。

会社員ブロガーの言った事と被ったからかな。

そりゃ修正しなきゃいけない。

だって・・面白くないと否定したサラリーマンブロガーと同じことを書いてしまったんだから。

絡んで行くとイケダハヤトさんの術中にハマる

子憎たらしいやつに人は怒りを覚える。

集団主義を揶揄してその枠組み全体を攻撃する。

このように絡むとイケダハヤトさんの思う壺です。

絡んじゃいけません。僕みたいに(笑)

一生懸命で情熱的な人ほどカチンときます。

僕もサラリーマンブロガーを詰られたときはカチンときました。

だけど、ここでこうやって話題として取り上げてしまうほど僕はイケダハヤトさんに加担しちゃっているのです。

PVを送っちゃっているのです。

納得の自己啓発系の記事も書ける


By: Michael 1952

イケダさんのブログは全てがこのような「カチン系」ではありません。

なるほど・・。と納得させられる記事もある。

そんな中にカチン系を入れてくるんです。

いつもカチンなら読まれません。

それなら2ちゃん見てれば事足りるので大差がなくなります。

見ていて気分が悪くなるブログなんて読みませんから。

だけどそうじゃない。

誰もが納得をする言葉を強い語調で放ち、弱った心の人間を救うような趣の記事多数ある。

共感を求めるような記事は逆に誰もが書きそうな事を書いて納得を集める。

ガキのケンカのように吹っかけてくる

何かまた言いやがるんじゃないか!?って思わせることこそ、リターンの要因になるのです。

「何を書くんだろう?」でもいいです。

LIGを攻撃するイケダハヤト


By: Florida Memory

今回はLIGさんが取り上げ「サラリーマンブログは面白くない」と詰られていますが、コレは新たな広告なのか!?って僕は思ってしまう。

LIGとイケダハヤトが何かを仕掛けているんじゃないのか!?と。

さて、今回はサラリーマンブログが面白くない理由として以下のものをあげている。

1. 守りに入っている
2. 変化が遅すぎる
3. みんなと同じようなことしか書けない

もうこれはサラリーマンに共通して言えることです。

ぐうの音も出ないでしょう。

太っている人間に太っていると言っているのと同じ。

会社はそういう人を集めているからこそ回っているのです。


4. 応援したくならない

4に関しては単にイケダハヤトさんの人間性・性格の問題なんでここも気にする必要はないでしょう。

ブログはアートなんですよ

最後にブログはアートだと語っています。

芸術だと。

抽象論だと。

僕もそう思います。

だからこそ「方法論」はないのです。

アートと言ってしまった以上、これまでのイケダハヤトさんの論理は破綻してしまったのです。

ここでイケダハヤトさんの言う通りにしちゃう人はそこまでの人間です。

高知に移住しちゃったらそれこそ「サラリーマン的発想」なんです。

自分の道は自分で切り開く。

人生を危険に晒してこそアーティスト。

イケダハヤトさんのブログの中にある炎上記事はPVを稼ぎ出す。

だけど、炎上は諸刃の剣。

自分だけじゃなく近くにいる人間をも傷つけてしまうのです。

はい。ここでクイズ。

今日、僕は何回カチンと言ったでしょうか??

追記。

LIGさんのアンサー記事。

『退けば老いるぞ。臆せば死ぬぞ』守りに入るのは100年早いよね。

大人な対応に感銘。

ふたりのやり取りは勉強になるな。

全てはインターネットという名の舞台なんだ。

舞おう。

ソーシャルメディア炎上事件簿
【amazon LINK】ソーシャルメディア炎上事件簿

【楽天 LINK】ソーシャルメディア炎上事件簿-【電子書籍】

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-ブログ
-

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.