CHROME HEARTS fashion

CHROME HEARTSと栗野宏文氏

投稿日:

栗野宏文

本物しか許さない姿勢がリアリティーを生む

スポンサーリンク

スマホ用

クロムハーツが内包する世界観を直截的に見せることこそ、流布する誤解を払拭し市場からまがいものを排除するのにもっとも正しいやり方と栗野は言う。

そのために開かれた青山のショップは、クロムハーツの世界観を100%表現する場所に他ならない。

では、クロムハーツの世界観とは何か?

「それはリチャード・スターク代表のライフスタイル。革や木、あるいは鉱物と、彼は元来地球にあるものしか好みません。

この店も同様で、黒はエボニー、茶色はマホガニー、シルバーに見える部分はすべて銀。

ジェニュインマテリアル、つまり本物しか使わない姿勢を貫くことです」。

いわば、クロムハーツが本来持つ古典と洗練の世界。

来店客の大半が大人の女性というのも頷けよう。

それも家族や夫婦連れ立っての来店が目立つという。

だが、それも不思議ではない。

「なぜなら、リチャード自身が家族を大切にする人間だから。

商品にしても奥さんに着せたいという想いがウィメンズを作らせるし、娘に与えたいという気持ちが彼に子供服や玩具を作らせる。

その一貫したリアリティがクロムハーツなのです。」

いわゆるブームの終息は大歓迎とも。

広く認知されることが重要ではないからだ。

クロムハーツは深く理解され、共鳴されるべき対象なのだ。

クロムはハーツは独自の世界観を持ち合わせ、それを見事に具現化した類い稀なるブランドです。

各アイテムはリチャード・スタークが創り出す世界観の一つでしかありません。

クロムハーツの各ショップはその世界観を具現化した場所。

リアリティを感じたいからこそショップを訪れアイテムを購入し身につける。

そして世界観を共通することに心地良さを覚えるのです。

クロムハーツの空間が豪華さに溢れ、煌びやかであればあるほど、僕たちはアイテムを身に着けることでその場所と共存できる。

具現化がもたらすリアリティが僕たちの脳内にクロムハーツの世界を創る。

Richardが自らの世界を具現化し、その空間を訪れた僕たちがクロムハーツの世界を自分の中に創る。

これこそがCHROME HEARTSの強さの秘密。

僕はこれをシンクロと呼ぶ。

店を訪れた者、アイテムを所有する者、一人一人にシンクロさせることが出来るからこそ、クロムハーツは僕たちの世界に入り込んできた。

誰もそれを邪魔することが出来ない。

そして、私はこの世界から抜け出せそうにありません。

楽天市場でクロムハーツを見てみる

【LINK】amazonでクロムハーツを見てみる

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-CHROME HEARTS, fashion
-, ,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.