CHROME HEARTS FASHION

CHROME HEARTS with DIAMOND

投稿日:

CHROME HEARTS/RING DAGGER PAVE DIAMONDS

【LINK】CHROME HEARTS/RING DAGGER PAVE DIAMONDS

クロムハーツのジュエリーには魅了されます。

彫金されたシルバーリングの上には輝く石がよく合う。

なぜ、これほどまでに自然の鉱石と融け合うのか。

それは、クロムハーツが素材に至るまで“本物”にコダワルからです。

スポンサーリンク

クロムハーツは全ての素材に於いて元来、地球にあるものしか好まないと言ったのはユナイテッドアローズの文野宏文氏。

それはクロムハーツのオンリーショップ「CHROME HEARTS TOKYO」で具現化されている。

黒はエボニー、茶色はマホガニー、シルバーに見える部分は全て銀。

この本物しか使わない姿勢を貫くことがCHROME HEARTSの世界観を創りだしている。

栗野氏はそれを「古典と洗練の世界」と呼びました。

CHROME HEARTSの時間軸が他のブランドと異なっているのはその為です。

だから新作を急いじゃいけない。

ビジネスライクになってはクロムハーツらしさが失われてしまいます。

以前、無理矢理?新作を量産した時期がありましたが、どれもこれも惨憺たるものでした。

クロムハーツは他に合わさず、自らの時間を突き進めばいい。

だからこそショップが異空間と成し得るのです。

ツンデレこそがCHROME HEARTSの基本姿勢であって欲しい。

デレデレになっちゃいけない。

-CHROME HEARTS, FASHION
-,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2017 All Rights Reserved.