ブログ

「お客は説明書を読まない。」は名言です。ENJIさんのレビューが素晴らしい。モノを売る(薦める)ときに気をつけたいこと・・

投稿日:2015年12月11日 更新日:


By: konitomo1027

レビューってクライアントにとってもユーザーにとっても、プラスに作用するものでなければならない。

Enjiさんから名言を頂きました。

「お客は説明書を読まない。」

http://rentalhomepage.com/post-18745/

これ名言ですよ。

名言なんでもう一度言います。

「お客は説明書を読まない。」

スポンサーリンク

スマホ用

顧客目線の重要性 Enjilogの商品レビューが素晴らしい


By: hans van den berg

売りたい商品をブロガーに使ってもらい、その上で売るためのレビューを書いてもらう広告は多々あります。

「これいいんですよーっ!!」てな具合で話が進み、ハイ終了というのは所謂ステマです。

今回のENJIさんの記事でいうと、
「ここに説明書がありますので・・・」
「説明書をよく読んで・・・」
「少し力が必要です・・」みたいに販売者を助けるレビューをしてはいけないのです。

これじゃ商品の欠点を隠している行為になりますので、ユーザーにとってもクライアントにとってもマイナスにしかなりません。

そんなレビューを読んで購入した人は「わかりにくい!」となり、クライアントへの「怒り」若しくはレビュアーに対しての「怒り」に変わります。

だけど、Enjiさんのレビューが違うのは、商品を提供してもったという事実を提示した上での顧客目線。

これは巷に溢れるステマ(ステルスマーケティング)とは違います。

「純粋なレビュー」です。

レビューを受けるクライアントの姿勢


By: Lion Multimedia Production U.S.A.
レビューをお願いしたクライアントもENJIさんのレビューを受けて、問題点の解決に乗り出しています。

ここにストーリーが生まれるのです。

高級志向を目指すストーリーとはいささか違いますが、改善に取り組む柔軟性に好感が持てます。

そんな素晴らしい人達が作る商品はこちら

まとめ  レビューはENJIさんを見習う

良いところと悪いところを明確にし、はっきりと言葉で伝え言葉を濁さない、隠さないレビューには信用が生まれる。

非常に勉強になったレビューです。

これから記事を書く上でも大変参考になりました。

商品に対しての不満は名言を生む。

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-ブログ
-,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.