お金

ユナイテッドアローズの株価が上がっている。今後もこの調子で上がればいいな。

投稿日:

By: FutUndBeidl

昨日(金曜日)、アローズの株価が勢いよく上昇しましたね。

ユナイテッドアローズの株価は乱高下するので「また直ぐに落ちるだろう」みたいな感覚でみていましたが二日連続で爆発的な上げ相場。

スポンサーリンク

スマホ用

先日、当ブログのユーザー様も株を購入したという話をしていましたので、みんなハッピーな気分に浸れたのではないでしょうか。

僕はもともとキャピタルゲインやインカムゲインで儲けようとは思っていないので、株価が何十倍かにならない限り利確はしません。(笑)

ずっと持ち続けようと。

昨日、発表された月次を見たのですが、小売+ネット通販既存店売上高の9月度が「190.7」になっていたのですが「109.7」の間違いでしょう。

エクセルファイルの方は「109.7」になっています。

株価上昇の要因はコレか!と思ってしまったが、そんなわけない(笑)

しかし、ネット通販既存店売上高のグリーンレーベルは「148.9」と伸ばしています。

グリーンレーベルはまだまだ期待が持てる領域だと思います。

手が出にくい高額なイメージはないのに、ユニクロのように思いっきり廉価なイメージもない。

ユニクロが10月2日から販売している「ユニクロ アンド ルメール」のような展開をしなくとも、ユナイテッドアローズというブランド活動がグリーンレーベルのファッション性をキープしている。

僕も20年ほど前は大阪のアメリカ村に出掛けては、ビッグステップ内にあったユナイテッドアローズ心斎橋店に洋服を見に行っていました。

ドリス・ヴァン・ノッテンやアン・ドゥムルメステールなどのベルギーのアントワープやプラダの様な主流ブランドを初め、まだ走り始めた頃のCHROME HEARTSといった数多くのセレクトアイテムが僕たちを楽しませてくれました。

刺激を受ける空間だった事に間違いはありません。

長い年月の積み重ねでユナイテッドアローズのブランドイメージは深く根強いている。

ちょっと有名デザイナーとコラボしたからと言って出来るようなブランドイメージではないのです。

やはり、以前書いたように、失速は想定内でした(笑)

ユナイテッドアローズの失速は想定内。

まだいくでしょうね。

ただし、株は自己責任で。

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-お金
-, ,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.