栄養と健康レシピ

添加物不要!我が家特製のイチゴジャムで作る過程を学ぶ

投稿日:

苺、ストロベリー

手作りにコダワるのは子供たちに作る過程を見せたいからです。

いまの世の中、なんでも「完成されたもの」が売られています。

小さい頃から「出来上がった食べ物」ばかりを食べていると、それが当たり前になってしまう。

作るという事は、一つ一つの過程が大切で、最後にその集大成が完成したモノというのを教えたいから。

それに添加物をなるべく避ける安心感も手に入る。

スポンサーリンク

スマホ用

苺ジャムで使う素材のイチゴ

苺を量る

苺を量る

イチゴジャムを作るため、こぶりのイチゴを2パック買ってきた奥さん。

うちの奥さんは買ってきたものは全て量る。

お菓子を作るときはキッチリとした分量を考え「何回使えるのか?」といった計算をしておくと、無駄な食費を抑えられるというワケだ。

写し出された数値を見て何やら文句を垂れている奥さん(笑)

まぁ小さいことは気にしない。

ただ、分量を細かく測定できるクッキングスケールはあると便利です。

スーパーで食品に書いてある重さと違ってたり・・するかも知れません。

【LINK amazon】クッキングスケールのランキングを見る

さぁ苺ジャム作り。

特製苺ジャム作り

苺にグラニュー糖

イチゴはへたを取り、グラニュー糖をかけ、室温に一晩置きます。

苺にグラニュー糖をかけ一晩置いたもの

イチゴにグラニュー糖をかけて、一晩置いたものです。

イチゴジャムレシピ

材料

イチゴ  ・・・    2パック(500~600g)
グラニュー糖  ・・・ 250~300g
レモン汁 ・・・    大さじ1

作り方

1.イチゴは水洗いして、へたを取ります。キッチンペーパーなどで水気をふいてボウルに入れる。

2.1にグラニュー糖をかけてラップをかけ、室温で一晩置く。

3.2をお鍋に移し、中火にかけてあくを丁寧に取りながら煮る。
strawberry (6)

4.トロリとしてくるまで煮る。
strawberry (7)

5.レモン汁を加えて、さっと煮て仕上げる。
strawberry (8)

6.煮沸消毒した瓶に入れる。
strawberry (9)

完成!。これがウマい。

グラニュー糖の分量目安

奥さんからグラニュー糖の分量を決めるコツを聞きました。

いつもイチゴの半量のグラニュー糖を使っているそうです。

イチゴ計量

へたを取った後のイチゴの重量が560g

グラニュー糖

従って、グラニュー糖は280g使用しています。

まとめ

材料はたったの3つで、添加物不要。

子供たちにも安心して食べさせることが出来ます。

僕も娘も、手作りのイチゴジャムならではの、果肉がゴロゴロ入っているところがお気に入です。

ぴちぷちとした歯触りはクセになります。

イチゴジャムは、毎日食べているヨーグルトにかけたり、牛乳に混ぜて飲んだりしています。

大量に摂るとカロリー過多になるので、その辺りは気にしながら食べるようにしましょう。

美味しいので食べ過ぎに注意です。

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-栄養と健康レシピ
-

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.