「プリズナ―トレーニング」 一覧

こんにちは。

筋トレが好きで重量を追い求めていると必ず怪我をするはめになる。

自分の体重に見合ってない重量を扱うとどこかを痛めてしまうはず。

僕もダンベルプレスやベンチプレスで腰や肩、またはアームカールでも手首と肘といった関節を壊しました。

そんなときに出会ったのがプリズナートレーニングです。

プリズナートレーニングとは

プリズナー【prisoner】を訳すと囚人を指すことことが分かります。

アメリカの監獄内は弱肉強食の世界だそうで、身体を鍛えてないやつらは強靭な肉体を持つものに従わなくてはならない。

自らの命を守るためにも囚人達は与えられた空間と時間で身体を鍛える。

そのために、使用するのは重たい鉄の塊ではない。

自らの体重を支え筋肉を鍛えるのだ。

そう!自重トレーニングなのだ!!ババン!

こんな感じでプリズナ―トレーニングに入っていった僕ですが効果は徐々に僕の身体を変えています。

自重で関節を鍛える

僕は筋トレにハマり、力の強さを「重さ」に求める様になった。

重量を上げて行くことで強さを手に入れようとした。

だけど、重量を増やすと確かに筋肉は大きくなる。

しかし、関節が悲鳴をあげるようになる。

自分の体型に合わない重量は身体を鍛えるどころか、逆に壊してしまう。

僕たちの身体は筋肉だけで出来ているのではない。

運動の大きな要素は関節部分にある。

そこを痛めてしまっては、いくら筋肉だけを強くしても、筋肉が生み出す力を活かせない。

そこで関節を強化しながら、筋肉鍛え身体本来の強さを求めるのがプリズナートレーニングです。

本来のプリズナートレーニングは重量を使いませんが僕は使います。

しかし、以前のような高重量を扱うのではなく関節に必要以上の負荷が掛らないように意識してトレーニングに打ち込んでいます。

では、快適なトレーニングライフを。

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2018 All Rights Reserved.