LIFE LOG

新型コロナウイルスと抗体について

こんにちは。

新型コロナウイルスを避けるため、毎日自転車で会社へ向かうsanasukeです。

毎日、ニュースを見ていると感染拡大のニュースばかりで気が滅入る中、さらに衝撃的なニュースが報道されました。

女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスに感染してお亡くなりになられました。

志村さんに続き、またしても・・

テレビで見ていただけですが、岡江さんも志村さんも優しさの中に笑いがあり、周りを明るくする力を持っている方で、

本当に悔やまれます。

そして、ウイルスは人を選ばずに感染して命を奪ってしまう恐怖も感じています。

そんな中以下のようなニュースを見つけた。

スポンサーリンク

対、新型コロナウイルス最強の街

【もぎたて海外仰天ニュース】

驚きの数字が出てしまった!

米東部マサチューセッツ州ボストンに隣接するチェルシー市で先週、抜き打ちで200人に抗体検査を実施したところ、69人に新型コロナウイルスの陽性反応が見られたことが分かった。検査人数は限定的だが、市民のおよそ3人に1人がコロナに感染していた実態が浮き彫りになった。

ボストン・グローブ紙によると、検査時に発熱をはじめとするコロナの症状が出ていた人はいなかったという。

ただ陽性反応を示した人の半数は、過去4週間で発熱、せき、だるさといったコロナの症状のひとつを経験していた。

チェルシー市は人口約4万人で、これまで712人の感染者(正規)が出ており、州内では最も感染率が高い。

今回の抜き打ち検査を実施したマサチューセッツ・ゼネラル病院の医師は同紙に、「多くの人がウイルスの感染を知らずに生活していることがあらためて分かった。この数字はウイルスの感染力がいかに強いかを示すものになった」と語っている。

【引用元】Yahoo!ニュース 200人中69人が陽性! 市民3人に1人がコロナ感染していた市

ウイルスの感染力は分かったのですが・・・

ほとんど気が付かずに治っているということ!?

ということは、ここの市民には抗体があるということ。

新型コロナウイルスの抗体とは?

抗体は、特定の異物にある抗原(目印)に特異的に結合して抗体は、特定の異物にある抗原(目印)に特異的に結合して、その異物を生体内から除去する分子です。

抗体は免疫グロブリンというタンパク質です。

異物が体内に入るとその異物にある抗原と特異的に結合する抗体を作り、異物を排除するように働きます。
私たちの身体はどんな異物が侵入しても、ぴったり合う抗体を作ることができます。

血中の抗体は異物にある抗原と結合すると貪食細胞であるマクロファージや好中球を活性化することで異物を除去します。

抗原と結合すると貪食細胞であるマクロファージや好中球を活性化することで異物を除去します。

【引用元】中外製薬 抗体とは

ひょっとしたら日本人の身体の中には抗体が既にあるのかも知れない。

クラスターの存在には恐怖しますが、ひょっとしたら自分も知らぬうちに新型コロナウイルスに罹っていて、すでに軽い症状で済んでいる可能性もあるのです。

春節に中国人がわんさかと来ました。

飲食店にお勤めの方々も接客したと思います。

そんな中で軽い風邪の様な症状もあったでしょう。

しかしながら、新型コロナウイルスがまだここまでの脅威として報道されていなかった頃は普通に病院にいって、風邪薬もらって治まってた人もいるんじゃないでしょうか。

なぜなら、ここまでの状況になって普通に電車で仕事に行っている人もいる中で、死者数も日本は非常に少ないです。

仮にクラスターが50000人ほど存在するのであれば感染力は強いが致死率は非常に低いということになる。

しかし、誰からも愛される志村さんと岡江さんが亡くなったことで僕たちは死を身近に感じた。

身内の死、つまりは二人称の死が僕たちに恐怖心を与えているのです。

春節の関空は中国人だらけ

今年の2月。

僕は仕事で関空にいた。

春節の時期と重なり、行きたくなかったけどスーツケースを持った中国人に囲まれた中で人と会っていた。

2週間ほどの間は戦々恐々としていたのですが、なんの症状もなく現在に至っています。

さらに、一か月ほど前までは電車通勤でしたし、飲食店にも足を運んでいた。

新型コロナウイルスに感染していても不思議じゃない。

それにいままでだって風邪の様な症状はあった。

喉のイガイガ続いたときには不安で仕方がなかった。

新型コロナウイルス対策

もうここまで来ると、いままでの様に公共の交通機関は使わず

人混みを避け、マスクをして過ごし、いつも免疫の強い状態を保つってことが大切だと思います。

病院にもいけないのなら自分の免疫、身体の防衛力を高めるしかない。

血流を良くしストレスに強くなる筋トレは最強のコロナ対策なのかもしれない。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さなすけ

さなすけ

元プロボクサーのデザイン関連会社員。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-LIFE LOG
-

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2020 All Rights Reserved.