LIFE LOG

のりこえよう!新型コロナウイルスの抗体について

アメリカの超大物人気歌手のマドンナさんが「新型コロナウイルスの抗体検査」を受けて、陽性であったと自身のSNS(Twitter)発表した。
マドンナさんは「検査を受けた結果、私には抗体があることがわかった。明日は長いドライブに出かけ、窓を開けて新型コロナの空気を吸おう」動画で語っているという。

さて、皆さん。

抗体って何か分かりますか?

スポンサーリンク

抗体とはタンパク質

抗体というのは、私たちの身体に入って来た細菌やウイルスなどから、守るためにそれらを攻撃するタンパク質です。

新型コロナウイルスの抗体検査で陽性だったということは、マドンナさんは過去に新型コロナウイルスに感染し、知らぬうちに治っていたということです。

身体の免疫システムが機能して新型コロナウイルスを攻撃し退治してしまった。ということです。

そして、僕たちの身体は一度、罹った細菌やウイルスの特徴を記憶します。

すると、次に同じ細菌やウイルスが入ってきたときに、前回の攻撃パターンで簡単にウイルスを退治してしまいインフルエンザや風邪にならないというワケ。

この免疫の記憶を利用したのが、ワクチンの接種です。

身体の中に少量の※ウイルスを注入し、私たちの免疫システムに記憶させ、病気にならない身体を作るのです。
※実際にはウイルスのスパイクという突起の部分だけですが、分かりやすくするためにこのように表現する。

マドンナさんはこの事を理解しているのでしょう。

だらか動画で「明日は長いドライブに出かけ、窓を開けて新型コロナの空気を吸おう」と発言した。

しかし、新型コロナウイルスはそんなに簡単なものじゃない。

WHOが示す新型コロナウイルスと抗体

世界保健機関(WHO)は24日、「抗体を持つ人が再び感染しないという証拠はない」と警告する文書を公表した。
新型コロナの抗体が本当に再感染を防ぐのかはまだわかっておらず、再感染のリスクは排除できない。

実際に、新型コロナウイルスで一度入院した患者さんが、新型コロナウイルスに再度感染したという例もあります。

抗体があるからと安心するのは、まだ早いということです。

免疫には生涯にわたり監視するタイプとそうじゃないタイプがある。

変化するウイルス

終生にわたって見張り番をすることができるタイプの免疫を、終生免疫(しゅうせいめんえき)と言います。はしか、みずぼうそう、おたふく風邪などに対しては、終生免疫によって人体を守ることが出来ます(以降、表1参照)。

ところが、終生免疫のように免疫が一生ある病気から体からを守ってくれるケースと、そうでないケースがあります。
インフルエンザウイルスや赤痢菌などは頻繁に遺伝子変異を起こして形を変えるので、免疫が働きにくくなります。

免疫記憶とはより引用

インフルエンザワクチンを接種しているのに、インフルエンザに罹ってしまう理由もこの記憶の問題なのです。

私たちが接種しているインフルエンザワクチンは、その年に流行るウイルスの型を厚労省が予測して作られたものなのです。

そして、その予想はほとんどハズレる。

だからインフルエンザワクチンを接種しても僕たちはインフルエンザに罹ってしまうのです。

毎年、流行するインフルエンザは型を変えているので仕方がありません。

ただ「全て無駄」というわけじゃなくて「40度の発熱が38度に抑えられたりする場合があるよ」とお医者さんに教えてもらいました。

今回の新型コロナウイルスも一度罹った人がすぐに再感染していることから、数種類の型があるんじゃないか!?と僕は予想しています。

っていうか・・・武漢の研究所から漏れたとされるこのウイルスは一つじゃなかったとい可能性もある。

世界で検出された新型コロナウイルスを遺伝子型で分類すると、中国など東アジアに多い型や、欧米で多く見つかっている型など3タイプに分けられることがわかった。ウイルスはヒトなどの細胞内で増殖しながら絶えず変異しており、タイプを追跡することで、感染経路や流行の分析、ワクチンの開発につながる可能性がある。

新型コロナ、3種類に分類可能 東アジアや欧米など違い

新型コロナウイルスにも種類があり、それぞれの抗体を獲得する必要がある。

例えば新型コロナウイルスA型に感染し免疫を獲得しても、新型コロナウイルスB型には罹るということです。

なので、マドンナさんが窓を開けてドライブして新型コロナの空気を吸った場合には、獲得した免疫とは異なるウイルスだった場合に、再感染する可能性があるということです。

上の記事で見る限り、新型コロナウイルスは増殖しながら変化しているので、抗体を持っているからという理由だけで安心はできない。

少し陰謀論を語る

そもそも、このウイルスが全世界に広まった経緯が不自然。

SARS(サーズ)やMERS(マーズ)が発見された時と違い、WHOの見解も非常に緩いものだった。

そして噂されるのが、この新型コロナウイルスは人工的に作られた「ウイルスじゃないのか?」という話もある。

新型コロナウイルスが人工的なウイルスだと指摘した科学者たちが失踪しているという。

本音を発言して失踪した人

華南理工大(広東省)の肖波濤(シャオボータオ)教授が2月に発表した論文で、武漢ウイルス研究所か武漢市疾病予防コントロールセンターからウイルスが拡散した可能性を指摘していたという。

中国外務省、ウイルス起源研究は「科学者と医学専門家に委ねるべき」

肖波濤(シャオボータオ)教授は謎の失踪を遂げている。

中国の改革派知識人として知られる許章潤(シュージャンルン)・清華大学教授が、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大について、「天災より人災の面が大きい」として習近平シージンピン政権の対応を厳しく批判する文章をインターネット上で公開した。

「天災より人災の面大きい」中国の教授、習近平政権を批判

許章潤(シュージャンルン)も失踪。

また、武漢のリアルを配信し続けた2名のユーチューバーも行方不明らしい。

「武漢のリアル」配信した中国人2人が行方不明強まる言論の自由への欲望と中国政府の圧力

というわけで、新型コロナウイルスが拡散する中で、それを食い止めようと本当の情報を配信するものが行方不明になるという現実。

偶然なのか必然なのか、あなたの想像にお任せします。

ノーベル医学賞を受賞した博士が新型コロナウイルスが人工的なものと指摘

2008年にノーベル医学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士は

「新型コロナウイルスは中国武漢にあるウイルス研究所から事故的に漏洩してしまった人工的に作られたウイルスだ」と語ったという。

モンタニエ博士はHIVウイルスを世界で初めて発見した事によりノーベル賞を受賞した科学者です。

博士が言うにはコロナウイルスのDNAゲノムの中に人工的でなければあり得ないHIVウイルスの配列を発見しました。

これは自然界で起こりえる事ではなく、実験室で高度な技術によってしか作られることはないと言います。

それだではありません、モンタニエ博士と共同で研究を行いゲノムを解析した数学者ジャン・クロード・ペレズ氏によると

「これは時計職人が行う様な精密な物で自然に存在する事は有り得ない。」と述べたという。

引用

https://www.youtube.com/watch?v=n4bKRFmeKjA

https://www.youtube.com/watch?v=DrBPVejmzPc

のりこえよう!新型コロナウイルス

じゃあ結局、僕たちはどうすればいいのか。

見えない敵と戦う場合、僕たちは全ての可能性を防ぐしかない。

フロイドメイウェザーが那須川天心のフェイントに全て反応したように、全ての攻撃に反応し防御する。

人との接触を避け、マスクを装着し、手洗いを徹底し新型コロナウイルスに対峙するしかない。

というわけで、ゴールデンウイークは自粛しておうちの中とご近所の散歩に留まります。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さなすけ

さなすけ

元プロボクサーのデザイン関連会社員。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-LIFE LOG
-

© 2020 NEW AGEING-LOG