LIFE LOG

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のBlu-rayとDVDがついに発売された!

 

ついに発売されました!

映画では泣いたことのない僕が、まさかアニメで・・しかも映画館で号泣してしまうとは・・。

今のところ予約販売ですが、僕は既にポチっとしました。

鬼滅の刃 無限列車編はなぜ感動するのか?

「鬼滅の刃 無限列車編」は胸に刺さるものがある。

やはり 煉獄杏寿郎 (れんごくきょうじゅろう)の筋の通し方に僕たちは心を熱くさせられたのでしょう。

母から教わった自身の信念を貫き通し、それ(価値基準)に準じて行動する煉獄さんに泣かされたのです。

“強く生まれた者の使命は弱き者を守るため”

「大人の道徳授業」としても無限列車編は最高のエンターテインメントです。

社会の黒に染まった大人に正義を教える

なぜ、道徳授業と位置付けるのか。

それは、社会に出て「黒を白」と言わざるを得ない状況に追い込まれた者たちにとって煉獄さんの命を懸けて信念を貫き通す様は

僕たちが忘れていた格好良い大人の姿そのものだと感じたからです。

僕たちは根本の概念に人間が持っている「弱き者を助ける」という基本姿勢をいま一度思い出し

黒に黒、NO!といえる精神的な成熟を欲望しているのです。

自分より権力を持っているもの、金を持っているもの、それだけでは人間の価値は決まらない。

2ちゃんねるを作った西村博之氏は「お金を稼ぐ人は優秀だ」と言います。

しかし、僕から言わせれば博之氏の意見は猗窩座(あかざ)の言い分です。

金という面しか見ていない。

お金は非常に大切です。

しかし、この「お金が絶対的」という考えの中に隙が生まれる。

君と僕とでは価値基準が違うのです。

優秀な人間は自分よりも弱い人間をボロ雑巾の様に扱わない。

優秀な人間に僕は憧れる。

それは大人が見ても格好良いと思える人です。

ジョジョの奇妙な冒険でポルナレフは言いました。

おれは「白」の中にいるということだ…
DIOは「黒」!
ジョースターさんたちは
「白」
「黒」と「白」がはっきり
別れて感じられるぜ!
傷ついた体でも勇気が湧いてくる「正しいことの白」の中に
おれはいるッ!

無限列車編で感じるのは白の中に自分がいることで湧いてくる勇気。

死を超える勇気なのです。

あなたはいまの自分が白の中にいると言い切れますか?

ちなみに僕が買ったのはこちら↓

はやく泣きたい。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さなすけ

個人事業主、IT関連会社員、中間管理職。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-LIFE LOG
-

Translate »

© 2021 NEW AGEING-LOG