WESCO FASHION

20年履きまくったWESCO THE BOSS

まだWESCO JAPAN(サイクルマン)が出来る前に、アメ村(大阪・心斎橋)にあった某ショップで購入したWESCO THE BOSSがこちら。

手に入れたのは「2001 年1 月31 日(水)」です。

そうCHROME HEARTS OSAKAのオープン日にこのBOSSが届いたのです。

とうわけで、もう20年以上愛用しています。

縫製も解れ・・革の色落ちも激しく、オイルも抜けていますが、それがまた良き雰囲気を醸し出しています。

ヒールの摩耗が激しいので、そろそろメンテナンスが必要です。

さて、このBOSSですがサイズが8 1/2でブカブカだったんですけど、ヒールにカビが生えたときに丸洗いして天日干ししたら丁度いいサイズに縮んだ。

丸洗いの記事は以下です。

WESCO THE BOSSを洗う!くたびれたブーツを復活させる

【LINK】【 WESCO 】 定番☆ ウエスコ ザ・ボス 【 BOSS 】ブラックレザー11ハイト JOBMASTER ...

この様に、大きいサイズの革靴を丸洗いすることで、丁度良いサイズになることなんて奇跡近いと思います。

僕も狙ってやったわけじゃなく、たまたま上手くいった。

スポンサーリンク

そもそも、なぜオーダー品がこのように大きなサイズとなってしまったかというと、本当に適当な接客対応だったのです。

「ああ、BOSSね・・・半年くらい掛かりますよ。」

「サイズどうします?え?いまのサイズは?じゃあそれで」

みたいな適当過ぎる対応でしたが、僕もまだ物言えぬ年頃であったためにそのままオーダー。

しかし、BOSSが2ヶ月ほどで届き、取りに行ったときのスタッフは凄く丁寧な良いお兄さんだった。

レジにはオーダーを担当したやつがいましたが、ちょっと笑顔で「運が良かったですね」とか言ってきたがスルーしました。

僕が若い頃の接客というのは、店舗スタッフが「ツン」とするが主流だったんですよ。

CHROME HEARTS OSAKAで担当してくれていたスタッフも「先輩からは顧客より上目線で対応するように」教えられたといってました。

購入体験では嫌な思いでのWESCO BOSSですが、愛用していくほどに足に馴染んでくると非常に愛着を持てます。

僕がレザーモノにハマった所以です。

自らの手でオイルを入れてメンテナンスをすれば、これまた可愛い存在になるのです。

手に掛かる子ほど可愛いと言いますが、足に馴染むまでに流血戦を強いられる屈強なレザーブーツだからこそ

ここまでクタクタになった姿が愛おしいのです。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さなすけ

個人事業主、IT関連会社員、中間管理職。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-WESCO, FASHION

Translate »

© 2021 NEW AGEING-LOG