LIFE LOG

7周年!結婚記念日です。

投稿日:2015年7月28日 更新日:

DSC05121-w640-h600

結婚して7年が経ちました。

7年前のあの日、まさか今の様な家族を持っていると想像が出来ませんでした。

当時からは想像が出来ないほど幸せです。

幸せと思える空間に居ます。

スポンサーリンク

スマホ用

P7270028-w640-h600

とにかく重要なのは、暗い事を考えないという事。

これは確実に言える。

もう何度も何度も書いていますが「どうせ俺なんか」という考えは「どうせ俺なんか」的な環境の中に自らを繋縛してしまいます。

言葉の現実変成力を若い人は侮りがちであるが、言葉ほど恐ろしいものはない。

「どうせオレなんか・・・」というような自虐の言葉はまっすぐにその人を「どうせ」的状況に繋縛してしまうのである。
自分の状況を否定的に記述することは「自分に呪いをかける」ことである。

自分にかけた呪いを祓うことはむずかしい。

多田先生がおっしゃった「強く念じる」には「悪いこと」ももちろん含まれる。

「悪いこと」を強く念じても、それは高い確率で実現する(現に、私は「悪いこと」を強く念じて実現させたことが何度かある)。

「悪いこと」を実現するのは、「よいこと」を実現させるよりはるかに容易である、と多田先生はおっしゃっていた。

力の弱い人間が手軽な全能感や達成感を求めると、必ず破壊をめざすようになる。破壊は建設よりずっと容易だからである。

「よいこと」を強く念じるというのは、言うほど簡単なことではないのである。

引用 内田樹の研究室

プラス思考は全ての原動力となります。

本気で念じるという行為をマスターすれば人生はある程度操れるということです。

そういう僕は、ちかごろ念じる力を忘れていたように思う。

流されるままが念じた結果だと思うようになっていた。

その方が楽だから。

でも、今日の文章を書いてて「そうじゃない」と思いました。

念じる作業は常に行わなければなりません。

人は誰かのために生きる。

男は自分のためだけに生きるに非ず。

ぼくも7年前に大切な人と結婚して、可愛いムスメ二人を授かった。

親以外に「この人のために」思える人が出来た。

それが家族です。

家族が幸せになるように強く念じる。

否、幸せに出来るように強く念じる。

人生の質を高める12の習慣~ライフクオリティ向上プログラム~
ワタナベ薫
大和書房
売り上げランキング: 3,577

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-LIFE LOG
-

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.