ブログ

コメント欄は必要ないのか!?バカとの付き合い方を考えてみる

投稿日:

By: Jonny Hughes

イケダハヤトさんがコメント欄について言及しています。

http://www.ikedahayato.com/20151018/45570863.html

良いこと書いています。

僕もコメント欄の必要性みたいなものを感じています。

コメント欄を盛り上げていきたいなぁという純粋な気持ちがあって、いま尚コメント欄は残したままにしています。

だけどイケダさんのような意見もある。

スポンサーリンク

スマホ用

いろいろ頑張ったんですが、コメント欄に書き込むのは「情報リテラシーも発信能力も低いおっさん層」になってしまい、頭を抱えた末にサクッと閉鎖しました。

無駄なエネルギー費やしちゃったなぁ…。

コメント欄なんていらないんですよ。ソーシャルボタンで十分。

しっかりと議論する能力がある人は、ちゃんと自分のブログで書いてくれますよ。

繰り返しますが、コメント欄というのは「情報リテラシーが低いおっさん」「悪意ある書き込みをする暇人」を集める装置にしかなりません。なので、コメント欄はさっさと閉鎖してしまいましょう。振り回される暇があるなら、さっさと記事を作ってください。

イケダハヤトさんも上に書いていますが、実際にそうで「悪意ある書き込みを暇人」は本当に多いです。

UUやPVの増加と共にバカなコメントも増えていきます。

ただ、面白いのは僕のブログの場合ですけど「悪意あるコメントの主」はハンドルネーム(HN)をちゃんと統一してくれるんです。

なので読まずに消せるのです!

この辺りは物凄く素直なんです。串通したりしてもそういうところが単純なのです。

僕の場合毎日はコメントを見ないので放置していれば溜まります。

だからチェックボックスにチェックを入れて一斉削除です。

コメントを読んで気分を害するのは最初だけなんで、いまでは消す作業自体がルーチン化して非常に楽。

ハンドルネームを変えてくれたら、取りあえずは見てみるんですが一度でも悪意のあるコメントがあるともうそのHNからのコメントは見ません。

時間の無駄なんで。

この当たりが悪意あるコメントを書く人の「情報リテラシーの低さ」というか「単純」というか「素直」というか・・(笑)

以前も書きましたけど、僕に対して興味を抱いてくれているからこそコメント欄に書くのです。

本当に興味の無い事に何か行動を起こすということはしません。

全く興味が無いものにはスルーなんです。

僕に興味があるからこそ、コメント書くのです。

バカはバカなりに自分を表現する場所が必要なんです。

それが僕のブログになって、このバカたちが犯罪を外で犯さないのかも知れない。

悪意のあるコメントであれ、その人物に対して何かを触発しているという事実が僕にとっての糧になっています。

たまに「悪意あるコメントをサボる暇人」もいるのです。暇人のクセに。(笑)

僕的には、コメント欄というのは一般読者が気軽に絡めるツールとして残しておきたいと思っています。

好意ある人からのコメントはしっかり読ませていただいていますので非常に僕のモチベーションを高めてくれる。

FC2時代のコメントで嬉しいものなんかも保存しちゃったりしています(笑)

そう僕は積極的プラス思考なので、前にしか進みません。

イケダさんが言うように「情報リテラシーが低いおっさん」「悪意ある書き込みをする暇人」を集める装置だとしても、少なくとも僕の場合は好意ある人からのコメントが勝っている。

差し引きしてもプラスのコメント書いてくれる人の言葉の方が勝つ。

なので、今後も僕のプラス思考を支えてくれるコメント欄は残しておきます。

頭に来てもアホとは戦うな!  人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

【LINK 楽天】頭に来てもアホとは戦うな! [ 田村耕太郎 ]

【LINK amazon】頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-ブログ

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.