LIFE LOG

新年の抱負と夢

新年あけましておめでとうございます。

2021年が始まりました。

仕事をしている人にとって新年が始まるのは「仕事始め」という人が多いのではないでしょうか。

新型コロナウイルスの感染拡大が収まる気配が見えず、いまだ自転車通勤の僕です。

年末に比べるとまだ通勤の人が少なかったように感じます。

電車通勤をしていた日々が懐かしい。

スポンサーリンク

ただ、僕も勘違いしていたことがあります。

それは、新型コロナウイルスの感染者の意味です。

PCR検査で陽性と判断されれば「感染力がある!」と誤解をしていましたが、実際は違うようです。

つまり、新型コロナウイルスの感染者とPCRの陽性者って決してイコールではない。ということです。

以下の記事を読むと非常に分かりやすいですので、ぜひご一読ください。

新型コロナ「検査の陽性者」=「感染者」ではない…!PCR検査の本当の意味

PCR法は何を検出しているのかというと、ウイルス遺伝子(新型コロナウイルスRNA)の断片になります。ウイルス遺伝子の断片が見つかったということは、「ウイルスが今いる」、あるいは、「少し前にいた痕跡がある」ということになります。

つまり、ウイルスの断片が残っていれば陽性になるということです。そのうえで、ウイルスの状態がどうなのかまでは、わかりません。ここがポイントです。PCR検査で確定できないことはいくつもあるのです。その例を5つ示します。

1=「ウイルスが生きているか」「死んでいるか」もわからない。
2=「ウイルスが細胞に感染しているかどうか」もわからない。
3=「感染した人が発症しているかどうか」もわからない。
4=「陽性者が他人に感染させるかどうか」もわからない。
5=ウイルスが「今、いるのか」「少し前にいた」のかも、わからない。

いっぽうで、「ウイルスに感染している」とは、どのような状態かというと、感染しているとは、通常(生きた)ウイルスが細胞内に入ることを意味します。

はい、というわけでPCR検査で陽性でも新型コロナウイルスに感染しているとは限らないのです。

陽性判定をされただけで「新型コロナウイルスの感染者」として報道されているので、感染者がすごく多く感じてしまうのではないでしょうか。

ただ、これは新型コロナウイルスが怖くないという意味ではありません。

実際の感染者は非常に低いのだろうとの予測です。

なぜ、国や報道機関は不安を煽るようなことばかりをするのでしょうか。

不思議です。

会社員の仕事初め

ブラック企業での仕事初めは辛いものがありました。

とりあえず年間の休日は72日しかなく、基本的に「3連休は取れない」という暗黙のルールもありましたので31日と1日は必ず出勤していまいた。

12月31日と1月1日は取引先の会社も休日なので、電話も鳴らないし来客もない。

仕事もそれほどないので定時に帰ることができるので、出社した方がお得感があったのです。

僕は1月2日、3日と休んで4日から通常出勤っていう感じでした。

年始の朝礼と抱負の発表

いやなのが年始の朝礼です。

ブラック企業だったころは「社長の挨拶」を総務部長が読み、その後に続き管理職から順に今年の抱負を発表させられました。

あれは辛かった。

きつかった。

なぜなら、だれもが本気の抱負を語っていなかった。

僕はそこのブラック企業に長く勤めた方でしたが、ほとんどの人が2年から3年で退職していました。

なので「今年の抱負」で威勢の良いことを語っていた方が翌年の正月にはいないなんてことは当たり前のようにありました。

それがブラック企業なのです。

一番キツかったのは朝礼の司会進行をしていた総務課長が退職して総務部長が仕切りだしてからでした。

総務課長は優しい人でブラックの企業のやり方に反感を持っていました。

なので、自分が一番に抱負を語り「仕事以外で趣味を持ち、自分の時間を確保していきたい」と述べ、あとに続く人たちのプレッシャーを回避してくれていました。

しかし、その方が退職をし、総務部長(社畜)になってからは「仕事のみの抱負」に切り替わりましたので、みな「会社のために最善を尽くす!」が前提の挨拶になっていました。

ああ暗い過去を思い出してしまいましたが、転職した今ではのんびり会社にいき、部下や後輩と新年の挨拶を軽くかわし、社長は「新年どうだった?」と僕に質問し「太りました」と返した程度でいつもの生活に戻っていきました。

休みが長くても「会社を休みたい」と思う

8連休もあった年末年始の休暇。

これだけあると出勤日が近付くにつれ「もっと休みたいなぁ」って思ってしまう。

ブラック企業は2連休しかないので、いつもと同じ休みです。

違う意味で「もっと休みたいなぁ」って思っていました(笑)

というわけで本年も当ブログはゆるく発信していきます。

とはいえ、今年の自分の抱負は語っておきたいです。

YouTube動画

YouTubeでの動画活動は以前からやっておりましたが、昨年また新たに動画を再開。

アドビのプレミアムプロを使っての編集がまだ慣れません。

あとは動画の撮り方です。

視聴者の方に分かりやすいようにアイテムのメリットとデメリットを伝えていきたいのですが、うまく行きませんね。

ルーチン化するまでもう少し時間が必要です。

アイテムのエイジングはどんどん進んでいくので。少しでも「現在(いま)」を撮り、チャンネルにアップしておきたい。

そう考えると、ブログ同様に自己満足の動画から開始するのが得策ですかね。

このように書き残すことで自分の方向性を見失わないようにしています。

今年の抱負をまとめてみる

今年2021年は色々なことにチャレンジしていきます。

仕事だけではなく自分の時間が持てるようになり精神的に余裕ができました。

メディアの運営だけじゃなく、このような広告メディア媒体を活かせるようなことを幅広くやっていきたいですね。

あともう少し物欲を持った方がいいかな。とも思います。

CHROME HEARTSのレザーパンツみたいな僕の心にグッサリと突き刺さるようなアイテムに出会いたい。

そういう意味でことしは色々なものに触れていく一年にしたいです。

 

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さなすけ

個人事業主、IT関連会社員、中間管理職。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-LIFE LOG

Translate »

© 2021 NEW AGEING-LOG