トレーニング

空腹時血糖値が改善に向けて 46歳の腹筋が割れるダイエット!

こんにちは。

歳をとってから痩せにくくなった。

40代前半までは、ダイエットに苦痛はなかった。

運動を日常にすればすぐに痩せていたので、あまり気にしていなかった。

がしかし、44歳を過ぎたときから変わった。

筋トレにハマり身体を大きくしたいという理由からよく食べる様になった。

そして、ダイエットがキツくなった。

また、一度は上手くいったダイエットも「チートデイ」という甘い言葉によく食べるようになった。

チートデイでは何を食べても良いってワケじゃない。

インスタやユーチューブでドカ食いしていうけど、40代になり、あんな真似をしたら血糖値爆上げで危険です。

昨年はマックスで72kgまでになった体重は今年の前半で64kgまで落とすことができた。

健康診断が迫っている。

それまでにあと2kgは落としたい。この身体を作った週末ルーティンです。

あとは日々の食事ですね。

確実に言えることは、運動で痩せるのは若い頃までです。

僕はスリムだった30代の頃と同じ運動量だったから当時の様に同じだけ食べていました。

そしたら太った。

僕の場合、運動は好きで苦じゃないから毎日やっていたんですけど、それでも太りました。

ダイエットは食事

昨年の健診で空腹時血糖値が「116」

基準値を超えたことで、過去の血糖値の推移を見てみたんだけど

徐々に上がっているのです。

以前、勤めていたブラック企業でも空腹時血糖値が100を超えていた。

これが生活習慣病特有のジワジワくるやつですね。

同じ食生活を続けていたら、確実に糖尿病になってしまう。

家系的にも私の母の親戚は糖尿病の人がいる。

というわけで食事を改善しました。

・白米から玄米
・お寿司を食べない
・夕飯は主にタンパク質
・魚を食べる
・夜は納豆を食べる
・鶏肉をよく食べる
・脂質も取る
・水分を2L取る

運動

・週1回の10kmラン
・なるべくウォーキング
・筋トレは毎日
・筋トレは脚をよくやる
・駅では階段を使う

とりわけ週1のランは毎週の楽しみで、この10kmランの日はお酒を飲みます。
お菓子も食べます。

一般男性と比べて量は少ないですけど。

というわけで、そんな僕の週末、朝のルーティンです。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さなすけ

個人事業主、IT関連会社員、中間管理職。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-トレーニング
-, ,

Translate »

© 2021 NEW AGEING-LOG