CHROME HEARTS FASHION

CHROME HEARTSファイヤーマンブーツのフロントジッパーのダガーが取れる

またまたCHROME HEARTSファイヤーマンブーツのジッパーダガーが取れてしまった・・・orz

いま仕事が忙しくて、仕事中に身に着けているCHROME HEARTSを見ている暇がない。

仕事の集中していた本当にバタバタしている。

ジッパーダガー無いことに気が付いたのは妻らかのLINEだった。

クロムの刀を失くす

クロムの刀失くしてない?

デジタル社会における誤字は責めちゃいけない。

妻は実際に漢字には強く、漢検2級だ。

まさかここで晒されるとは思っていないから、僕に送ったんだと思う。

許せ。

というわけで、「クロムの刀」というワードで僕は職場でハッとした。

冷や汗と同時に、妻がLINEを送ってきたということは、既にその刀を見つけているという事なので安心もした。

妻曰く、自宅から20メートルほど離れた場所に落ちていたらしい。

CHROME HEARTSを奇跡的に発見

スポンサーリンク

僕が仕事に向かったのは9時ころ。

妻は僕よりも先に出勤している。

で、妻が帰宅したのは17時頃。

普段は下を見て歩かない妻だが、たまたま目に飛び込んできた「クロムの刀」

7時間放置されたCHROME HEARTSのダガーは妻により無事に回収された。

奥さん、ナイスです!

良かった!

ん!?良くない!

CHROME HEARTSのダガージッパーは取れやすいのか

CHROME HEARTSのジッパーといば、このダガーがセットで付いていると言っても過言ではない。

もともとCHROME HEARTSのシルバージュエリーはレザーウエアの装飾だった。

そんなシルバージュエリーが1992年に「CFDAファッションアワード」のアクセサリー部門最優秀賞を受賞し一躍脚光を浴びた。

日本でもシルバージュエリーからCHROME HEARTSにハマった人は多かったと思う。

僕もその一人です。

CHROME HEARTSのシルバーに魅了され肉厚レザーの世界にハマっていった。

で、そんなレザーウエアに付けられているジッパーから、ダガーが外れたことは一度もない。

なのにだ、ファイヤーマンブーツからは今回で3度取れている。

ということは、ブーツに付けられたジッパーダガーは取れやすいということ。

ブーツインなどしてフロントを見せていると、ジッパーダガーは揺れる。

歩く度に過度に揺れ、そして外れやすくなるんじゃないかと思う。

ジッパーのダガーは自分で修理

米国への修理は2万円掛かる。

ジッパーの修理程度で2万は出せない。

なので僕は自分で修理する。

こんな感じで外れているで週末にでもゆっくり直す。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さなすけ

個人事業主、IT関連会社員、中間管理職。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-CHROME HEARTS, FASHION
-,

Translate »

© 2022 NEW AGEING-LOG