トレーニング 筋トレ

筋トレマシーンのワイヤーが切れた!定期的なメンテナンスは必須

こんにちは。

みなさんご使用になっている筋トレマシーンは定期的にメンテナンスしていますか?

もし、していない方がいればすぐにチェックをして下さい。

スポンサーリンク

マシーンチェストフライで鍛える

僕が1年間、使用していたマシーンがコレです。

マシーンチェストフライで大胸筋を刺激してたら、20㎏のダンベルフライが余裕で出来るようになった。

じゃあ、重たいダンベルを使っていると腰を痛めたこともあるので、マシーンチェストフライばかりをやっていたのです。

マシーンを使った筋トレって、フリーウエイトに比べケガをすることが減るので好んでやってました。

昼休みは毎日こればかりやってた。

そして入社してから1年が過ぎ・・

2020年8月24日、持ち上げて下ろす瞬間にワイヤーが切れて「バシーン!!!!!!!」という大きな音。

マシーンのワイヤーとプレートが外れる

ワイヤーとプレート(重量)を支えているネジが外れたのだった。

ワイヤーはそう簡単には切れないけど、連結部分はメンテナンスをしておかないと緩んで外れる。

このネジの部分が抜けて全てのプレートが落ちたのだ。

このネジが1年を掛けてぐるぐると回り外れたのだろう。

そして、どのような状況でこうなったのかは分からないが右の中指から出血。

左手薬指の切り傷。

いったいどうやって切ったのだろう。

丁度、この場に居合わせた部下は「最重量でやってたのでネジがハズレ、その瞬間に指を挟んだんじゃないか?」と。

事故ってどこでどうなったか、って瞬間に起きたことって分からないんですよね。

いま流行りの24時間ジムとかあるじゃないですか。

ああいうジムはメンテナンスってやってるんですよね。

ジムでは僕みたいにケガをする人間もいると思いうので、管理する人がジムって危険だなって感じました。

スポンサーリンク

深い傷

そしてこの中指の傷が思って以上に結構深くて血が止まらなかった。

この傷の完治経過はまた別の記事で書きます。

筋トレにケガは付き物です。

負荷(ストレス)を身体に与えて鍛えるわけですからね。

しかし、ケガというのは身体だけではなく精神的にも傷はつく。

はぁ・・・とヘコんでいると。

部下が珈琲を買ってきてくれた。

なんて優しい部下なんだろう。

また、入社した頃の同期のみんながデスクの周りに集まり心配してくれた。

ケガはしたけれど、深い傷以上に、深い人間関係に気が付き、人の温かさ触れ幸せに感じる瞬間でした。

みんな優しい人たちばかりでよかった。

というわけで筋トレのマシーンを使う際はメンテナンスは必須です。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さなすけ

元プロボクサーのデザイン関連会社員。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-トレーニング, 筋トレ

© 2020 NEW AGEING-LOG