LIFE LOG

【新婚旅行】 ハワイ旅行へ出発!で知ったTSAロックの無意味性

更新日:

時計とスーツケース

式の翌日、いよいよハネムーンです。

ハワイです。

ハワイ!!

初の海外旅行ということでドキドキです。

そんな緊張の中、空港の保安検査でセキュリティーブザーが3回続けてなりました・・・。

原因はコレ。
 

スポンサーリンク

 

クロムハーツ×ビルケンのサンダル

クロムハーツ×ビルケン!

サンダルのガンスリンガーが金属探知機に触れたものと思われます。

ブルガリ

関西国際空港の免税店。

セリーヌ

フェラガモ

ダンヒル

ブランドショップが立ち並んでいます。

意外と人が少ないんですね。いつもこんなもんなのかな??

まだ時間があったので関空内のスタバでドーナツを食べました。

スターバックス 珈琲

スターバックス

TSAロックって意味ないじゃん

P7280026-w640-h600

皆さんはTSAロックってご存知でしたか。

海外旅行の経験が豊富な皆さんは知っていると思いますが、なにせ私は初めてなもんで知りませんでした。

TSAロック(ティーエスエーロック)とは、アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁 (Transportation Security Administration) より認定を受けた、旅具等に備えられた施錠機構の総称である。
「赤い菱形(TravelSentry 社製)」または「赤い松明(SafeSkies 社製)」のマークが付いている。

アメリカ合衆国領土で飛行機に搭乗する際の手荷物または預け入れ荷物は、通常は電磁的スクリーニング検査(透視検査)を行うが、TSA係官が中身を直接目視検査する場合もありうるため、一切施錠しないように求められている。

施錠された荷物についてはTSA係官が錠機構を破壊することを認められており、破壊されたり内容物の盗難があったりしても補償は一切ない。

しかし、TSAロック機能が装備された荷物・錠前等は、持ち主が自分の鍵で施錠してあってもTSA係官が専用の合鍵を使い、随意に開錠し荷物を検査することが出来、検査後は元通りに施錠される。その為、米国(グアム、サイパン等も含む)から出航する航空機への預け入れ時にも、施錠して渡すことが出来る。

そう、そういう説明を受けたからトランクを買う時にTSAロック付きのにしたのに・・・・。

「TSAロックでも鍵を壊されることがあるので、ロックは外したまま預けて下さい」と係員に忠告されました。

なんのためのTSAロックなんだ・・・。

アメリカはやることが豪快です。

せっかく買ったトランクを初めて使う旅行で壊されては堪りません。

鍵は開けたままトランクを預けました。

すったもんだがありましたが、いざハワイへ出発です。



関連記事

-LIFE LOG
-, ,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2017 All Rights Reserved.