LIFE LOG

【台風】風で飛ばされたモノが愛車(自動車)に当たった場合の保険適用額

更新日:

こんにちは。

台風の影響で車がヘコんだsanasukeです。

強風にで飛ばされてきたものが愛車に当たって悲しい思いをしている人もいるでしょう。

僕もそうでしたが、風でものが当たった時の保証もあったので実際い問い合わせてみたら解答を頂きましたので備忘のためここに記す。

結論から先い言うと、保険金はおりるけど使わない方が良いです。

その理由を説明します。

スポンサーリンク




免責があるので自腹が必要

僕の車がヘコんだ箇所です。

こんな感じですが、ディーラーで見積もりを依頼した結果は50199円でした。

リアバンパー全交換で出してもらいました。

これで保険を適用するならば免責額が50,000円なので、保険会社が出すのは199円。

免責金額というのは、全ての損害金額に対して僕が支払う金額のことです。

修理費用が30万円として、免責金額が5万円だった場合、保険会社が25万円支払って僕が5万円支払うという感じで

免責額を設定する方が毎年の保険料金が安くなるので、設定している人が多いです。

僕も免責金額は5万円を設定していました。

ですので、5万が自腹ということになります。

しかし、これが100万円の損害だと保険会社が95万円を負担してくれる計算になります。

台風被害でも等級が下がる

自分が車に乗っていない「台風被害」といえども保険を使うと等級が下がるのです。

車に乗らない人には等級という概念は理解し辛いかも知れませんね。

等級とは

等級は保険料の支払い額を決めるうえで非常に重要なシステムです。

その人物の信用度だと思って下さい。

自動車保険における「等級」とは、通常「ノンフリート等級別料率制度」の「等級」を指します。
この等級によって保険料が割り引かれたり、割り増しされたりすることになります。
つまり、契約・更新する時に、自分がどの等級であるかによって保険料が違うということです。

<ノンフリートとは>
契約者が所有する自動車が9台以下の場合の契約をノンフリート契約といいます。
逆に、法人などで10台以上の自動車を所有している場合の契約をフリート契約といいます。
個人で加入する場合は通常ノンフリート契約ということになります。

引用元:yahoo保険 等級

ノンフリートとかいろいろ言葉出てきますが、要するに9台以下の車を所有している人の制度です。

めちゃくちゃ車好きで10台以上あります!

という人以外はみなノンフリート階級です。

等級は1から20等級まであり数字が少なくなるほど、割引率が高くなるシステムです。

割引率が高くなると難しく言いましたが、保険会社に支払う金額が低くなるのです。

通常は6等級からスタートして徐々に等級が上がっていきます。

等級が上がるほど割引率が高くなるので、保険会社に支払い額は少なくなります。

ようするに事故を起こさずに保険金を使わなければ保険会社に支払う金額は安くなっていくのです。

つまり、信用出来る人ほど保険の支払料金が安くなるのです。

ただし、7等級以上では、無事故割引率と事故有割引率の2種類の割引率があります。

「事故が有る場合」は割引率が低くおさえられているので、保険会社に支払う金額も増えます。

新規で契約する時は、6等級(補償対象の年齢によってさらに細分化されます)からスタートします。

しかし、事故などで保険を使うと、保険会社に支払う金額が上がるのです。

これが保険会社が成り立っているという仕組みとも言えます。

等級が下がれば保険の支払い額が増える

僕の場合、もし保険を使用するのであれば50,000円が自腹で119円が保険会社が出す金額になります。

しかも、等級が下がることで年間の保険料が19,000円ほど増えるのです。

119円を支払ってもらえば、年間で19,000円ほど保険料金が上がる。

めちゃくちゃ損やーん!

というわけで保険は使わずに自腹で直す?ことにしました。

まとめ

自動車の車両保険を使うのは大事故を起こした数百万円の事故のみってことです。

みんな!お金は貯めておこうな!

そしてこのブログを書いているいま台風24号が迫ってきている。

30日に近畿地方にもっとも接近するらしいが、僕は仕事。

さて、わが社は自宅待機の命令を下すのか!?

後日、ブログに書きますわよ!




関連記事

-LIFE LOG
-,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2018 All Rights Reserved.