CHROME HEARTS FASHION

ユナイテッドアローズのお説教-CHRIOME HEARTSとは

レザーウエアはCHROME HEARTSの真骨頂です。

こう言い切れるようになるには、ユナイテッドアローズ スタッフのお説教があったからだと思っています。

若いころ、CHROME HEARTSのシルバーアクセサリーに憧れて、ユナイテッドアローズにいくとよくお説教されました。

スポンサーリンク

ユナイテッドアローズでお説教

【LINK】UNITED ARROWS - RakutenFashion

ここでいう説教とは、宗教の教えを人々に説き聞かせて導くこと。

CHROME HEARTSのようなスピリチュアル的な要素が強いアイテムにはプライドという経典から学ぶことがあるのです。

アパレルスタッフが上から目線で説教をする。

いまならクレームに繋がるような接客も1990年代という稀有な価値観が存在した時代にはカリスマ性として存在することができた。

以下がお説教リストです。

お説教一覧

「CHROME HEARTSはシルバーアクセサリーのブランドじゃないんでね~」

「アクセサリーに80万円も掛けると女の子は引きますよ」

「80万もアクセサリーに出すのならレザーですよ」

「レザーは使い込むほどに味が出てくる、いまお客さんがレザーパンツを手に入れても僕のレザーには追い付けない」

このような感じで語られた僕はCHROME HEARTSの世界観という悟りを開くのでした。

CHRIOME HEARTSのシルバー

スタッフが言う通り、確かにシルバーパーツはレザーウエアの装飾でしかありませんでした。

しかし、日本ではこのシルバーパーツが大ブレークした。

デザインの素晴らしさはアメリカ・ファッション・デザイナーズ協会(CFDA)アクセサリー部門最優秀賞受賞したことでも認識できる。

そんな「シルバー」とRichardStarkの世界観がCHROME HEARTSを孤高の存在にしたのだと思っています。

そうでなければ、ここまでのブランドに育つまで、もっと時間が掛かったでしょうね。

全てはタイミングかも知れません。

CHROME HEARTSの魅力と言えばレザーのパッチワーク。

シングルライダースのレザーパッチ

こちらのシングルライダースには背中にラージクロス、そしてアームにはフローラルクロスが縫製されている。

バックのラージクロスは「レザーだけ」っていうのが良い。

個人的にレザーパッチの上にはシルバーは必要ない。

レザーでかためる感じが好きです。

やはりCHROME HEARTSといえばレザーですよね。

ユナイテッドアローズのスタッフはCHROME HEARTSを理解している人が多かった。

だからこそ、CHROME HEARTSをブランドとして確立できたのだと思います。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さなすけ

個人事業主、IT関連会社員、中間管理職。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-CHROME HEARTS, FASHION
-

Translate »

© 2021 NEW AGEING-LOG