自動車 LIFE LOG

エスクァイアの納車はTOYOTAディーラーでやろう

投稿日:

こんにちは。

ついに納車の日を迎えました。

感動の瞬間です。

駐車場の契約やナンバー登録など色々と手続きがあり、漸くこの日が来ました。

スポンサーリンク

TOYOTAの車が出来るまで

自動車はどのようにして作られるのでしょうか。

僕は洋服の様にストックが沢山あって、お客が「コレ欲しい」というと手続きを済ませて納車と思っていたのですが違うのです。

なんと、僕たちが注文したあとに車が作られるのです!!

ビックリじゃないですか!?

注文してから作るんですよ。モスバーガーじゃないですか。

いままで意識はしていませんでしたが、自分たちだけの為に自動車を作ってくれていると思うと、それだけでも嬉しいですよね。

知っている人からすれば「あたりまえ」かもしれませんが、僕は感動しました。

納車はディーラーで済ませよう

納車ですが、若い頃に新車を購入したときは自宅まで運んでもらったのですが、今回は取りに行きました。

近所のSC(ショッピングセンター)があるので時間もつぶせますし、待っている間もウキウキです。

ディーラーに到着すると納車専用ルームに通されます。

そこでいよいよ新車とご対面です。

納車専用ルームで新車のエスクァイア

試乗したの車はブルーのメタリックでしたが、僕たちが選んだのはホワイトパール。

僕としてはブラックにしたい気持ちがありましたが、奥さんの要望もありホワイトパールです。

白はイメージとしても良いです。

カラスも白ならもっとイメージが良かったと思います。

 

ホワイトのエスクァイヤも上品で良いです。

WHITE'S履いてホワイトの自動車に乗る・・。

子供たちも凄く喜んでくれて、車の周りを走り回ります。

こういった場所で子供がハシャぐとロクなことはないのは想像できます。

案の定、子供たちが持っていた水筒が車に「ゴン!」って・・・

「大人しくしてなさい。」

と一喝しました。

いきなり新車に傷はいけません。

そこは叱ります。

広々としたエスクァイアの車内

広いです。

ここまでゆったりとしているとは思いませんでした。

7人乗りですが普段は後部座席を畳んで、2列目を奥まで下げているので4人乗ると広々とした空間で満足できます。

各パネルの操作方法などの説明を受けていよいよ初運転です。

嬉しさのあまり2度も道を間違えてしまった(笑)

地元なのにね(笑)

まとめ

新車は良いですね。

匂いが良い。

質感が良い。

愛情をもって使っていきます。

白い車がは水垢で黒くなってたら恰好悪いですからね。

毎日拭いて美しい状態を保ちます。

あと、やっぱり僕の父は自動車が好きなんだなって思いました。

TOYOTAのディーラーまで、父が車で送ってくれたのですが、

ここは父がクラウンを買った店なんで久しぶりの来店に父は楽しそうでした。

僕の稼ぎが良かったら最後に自動車をプレゼントしたい。

気合いが入った納車でした。

関連記事

-自動車, LIFE LOG
-

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2018 All Rights Reserved.