トレーニング マラソン

久しぶりの有酸素運動は加重ランニング

投稿日:

ランニングをする脹脛

天気と体調がよかったので、久しぶりのランニングです。

前回のランニングが2月でまだ寒かったので、もう2ヶ月以上も空いている。

原因は風邪が長引いたこと。

軽い筋トレは我慢できずに開始していましたが、咳が治らなかったので走れなかった。

また、仕事が忙しくて帰宅が深夜に及ぶこともあったので、自分の時間が取れなかった。

筋トレの様な無酸素運動は短時間で追い込めるので、忙しい時にも適していますが、ランニングともなると1時間走ったあとに軽い筋トレとかやるので結構時間が実用なんですよ。

言い訳はこの辺にして昨日の筋トレとランニングです。

スポンサーリンク




筋トレとランニング

ベンチプレス

昨日はベンチプレスを6セットと10kgのダンベルフライを3セットやりました。

ベンチプレスは最初のセットを60kgに設定して徐々に負荷を重くしていきます。

その後に負荷を少しずつ外していき、ベンチプレスをやっていくのですが、その間にダンベルフライを入れるといった感じ。

ダンベルフライは大胸筋が凄く収縮している感じがあるので好んでやっています。

基本的なフォームなどは押さえつつ、自分のやり方を見つけて筋トレしていくと楽しいです。

筋トレのあとに加重ランです。

脂肪を効率よく燃焼させる組み合わせ

有酸素運動

筋トレ後の有酸素運動は脂肪の燃焼効率は上がりますが、筋肥大という面ではマイナスです。

身体を大きくしたいのであれば、避けるべきですのでここに記す。

僕の場合はこの寒い期間で増えてしまった脂肪分を取りたいので、筋トレ+有酸素運動でやっていきます。

あまりに筋肥大してしまうと、洋服が合わなくなってく・・・。

いまでも胸がパツパツなのでちょっと抑制している感じです。

ということはですよ、必ずしも高重量を上げなければ筋肥大しないということでない。ということです。

どの程度まで身体を大きくするか?を考慮して自己トレーニングに励みましょう。

加重ランニング

カラーダンベル

久しぶりのランニングは加重ランをしてみました。

加重といっても1kgのカラーダンベルを持って走る程度です。

カラーダンベルを買ってみました

カラーダンベル

フロイド・メイウェザーがカラーダンベルを持ちながらシャドーボクシングをしているのをみて、僕も普段のトレーニングメニューにシャドーボクシングを入れようと思って買ってみました。

バリエーションも多くて使い勝手も良いし、部屋に置いてても邪魔にならないしいインテリアとしても良い感じなので、一家に一つはカーダンベルセットをどうぞ。

Amazonで詳細をみる

カラーダンベルを持ってランニング

 

今日は久しぶりということでゆっくりとランニング。

しかし、カラーダンベルを持ちながらでしたので疲れました。

有酸素運動はとても気持ちが良いです。

1キロ6分ペースでゆっくり走りました。

天気と同じく気分も晴れ晴れとして爽快です。

走ったあとに屋上で空を見上げるのが好き。

加重ランニングの注意点

僕が加重ランニングをするのは、時間を短縮したいからです(笑)

ランニングに長い時間を取れないときに負荷を掛けて走ります。

ただ、負荷を掛けるランニングはしっかり疲れを取らないと身体を壊します。

僕は若い頃に足首に重りを付けて走っていましたが、膝を壊しました。

数分走ったら右脚の膝関節にキツイ傷みが発生。

通院しても原因は分からずでしたが、鍼灸院の先生に治してもらいました。

過度な負荷は肉体を破壊します。

トレーニングは完全に壊れる一歩手前で止めるのです。

そして疲れをしっかり抜く。

これの繰り返しで環境に馴染む身体を作っていきます。

そこに焦燥感は無用。

目の前のワークアウト繰り返すのみ。

自分への課題はしっかり持ってやっていこう。







関連記事

-トレーニング, マラソン

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2019 All Rights Reserved.