CHROME HEARTS FASHION

CHROME HEARTS OSAKA(クロムハーツ大阪)でお買い物 DENIM FATIGUEという名のカーゴパンツ 

2009年7月23日

CHROME HEARTS Chair

クロスパッチで覆われた椅子。

私の大好きなデザインであるセメタリーパッチ。

エボニーとレザー&シルバーが作り出すCHROME HEARTSの芸術品だ。

このような瀟洒な椅子が脇役といして置かれているのはCHROME HEARTS OSAKA(クロムハーツ大阪)のフィッティングルーム。

クロムハーツ大阪でお買い物です。

ここでは僕の精神状態は平常を保てない。

これこそがクロムハーツの世界観。

スポンサーリンク

クロムハーツ大阪のフィッティングルーム

CHROME HEARTS OSAKAの試着室

フィッティングルーム(試着室)と呼ぶにはあまりにも広い空間。

クロムハーツ大阪でパンツ類を購入するとこの部屋へ通される。

中央にはカウと思わし気レザー敷かれています。

その上に見えるのは・・

「CHROME HEARTS DENIM FATIGUE」です。

カーゴパンツです。

スナットパックを買いに行ったんですが、現在は品切れ中れだったのでデニムのファティーグを買ってしまいました。

クロムハーツ大阪の魔力

ん?

ちょっと待ってください。

買い物の目的はスナットパックだったはず。

それなのに別のものを買っているし、買った本人も喜んでいる。

これこそがクロムハーツの魔力です。

クロムハーツショップにはただならぬ雰囲気が立ち込めている。

フレアニー 最終モデル

試着したら終わりですね。

しかも、デニムラインにフレアニーが施されている最終在庫でした。

この機会を逃したらもう手に入りません。

ここは迷わずにご精算です。

担当スタッフも僕と同じファティーグを買っていました。

まだ裾を直していない切りっ放しの状態で穿いていました。

こういうのを見ると「スタッフって得だなっ」て思います。

情報を一足早く手に入れることが出来るし、そのアイテムを手中に収めることが出来るんですから。

ユナイテッドアローズ別注のGショックが発売されたときもスタッフが持っていて「客が買えない」という金よりモノの価値が高かった時代にこういうことがあった。

あの頃は若い人達も金があったのだよ。

僕がCHROME HEARTSで働いていたのなら、絶対に貯金はできません(笑)

クロムハーツ大阪で鞄(スナット)をオーダー

さて、本当に欲しいのはスナットだったことは先ほど話した。

このまま鞄を諦めて帰る僕じゃありません。

レザーを指定してオーダーすることにしました。

いろいろとスタッフが教えれくれて「レザーを指定したオーダーも可能ですよ。もちろん値段は変わりません。」だって。

それじゃあ自分の好きなレザーでオーダーする方がオリジナルで人と被らないので良いですよね。

こちらも出来上がるのが楽しみ。

もう腹いっぱい。

当分、何もいりません。

P7121880

闘いを終えた俺の勇姿。

ふーっと一息ついて満足し店を出たのですが、自宅に到着した頃に急に思い出した。

あっ!!

クロムハーツが15%割引で買えるユナイテッドアローズ株主優待券を使うのを忘れていた!

やはり気分が高揚し、軽い緊張状態にあったんでしょう。

店舗に電話連絡したところ、差し引き金額をお返しします。

との対応。

さすがCHROME HEARTSスタッフです。

CHROME HEARTSというだけで「ややこしい」客が多そうですからね(笑)

クロムハーツ大阪で買い物 デニムファティーグまとめ

いやー、クロムハーツの空間は僕を狂わせる。

だけど、ここで手に入れたものは間違いなく10年後も身に着けている。

いや10年なんて通過点。

僕は一生モノをここで手に入れた。

クロムハーツという名の一生のを手に入れられるのは関西ではクロムハーツ大阪だけ。

クロムハーツが欲しければここへ行こう。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さなすけ

さなすけ

元プロボクサーのデザイン関連会社員。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-CHROME HEARTS, FASHION
-

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2019 All Rights Reserved.