トレーニング

勝ち続けるボクサー フロイド・メイウェザーが使うトレーニングツール

投稿日:

フロイド・メイウェザー

こんにちは。

トレーニングが大好きな元プロボクサーのsanasukeです。

メイウェザーの練習は全てが理にかなっている。

トレーニングの勉強をし出すと、あれが何につながっているのか理論的にも証明できる。

アメリカはトレーニングにも科学的なロジックを用いています。

プロのトレーナーが指導したメイウェザーのトレーニング方法を同じツールで真似て、あなたも「強さ」を手に入れよう。

スポンサーリンク

スマホ用

フロイド・メイウェザーって誰

floyd-mayweather-1-w640-h600

フロイド・メイウェザーは無敗のまま5階級制覇を成し遂げたプロボクサー。

5階級制覇とは体重に分かれた5つの階級でチャンピオンになったということ。

戦績は49戦49勝無敗 26KO

広いスタンスを取り絶妙の距離感でパンチを当てては相手との間合いを一定に保ち試合を運ぶ。

天才は事もなげに偉業を成し遂げるものです。

マニーパッキャオとの一戦は「ファイト・オブ・ザ・センチュリー)、
「Battle for Greatness」(バトル・フォア・グレイトネス、偉大なる戦い)と呼ばれ、2015年5月2日にラスベガスのMGMグランドで開催された。

試合はパッキャオのパンチを空転させるメイウェザーのテクニックが若干勝り、判定勝ちを収める。

ディフェンスマスターとも呼ばれたテクニシャンのボクサーファイター。

保持したチャンピオンベルトは以下の通り。

フロイド・メイウェザーがチャンピオンになった階級

第22代WBC世界スーパーフェザー級王者。
第27代WBC世界ライト級王者。
第28代WBC世界スーパーライト級王者。
第10代IBF世界ウェルター級王者。
第33代・第36代WBC世界ウェルター級王者。
第37代・第44代WBC世界スーパーウェルター級王者。
元WBA世界ウェルター級スーパー王者。
元WBA世界スーパーウェルター級王者。
第17代WBO世界ウェルター級王者。
ウィキペディア「フロイド・メイウェザー・ジュニア」参照。

フロイド・メイウェザーは5つの階級で世界チャンピオンになっています。

体格の差が有利になる格闘技では、体重別に分けられています。

チャンピオンになった階級は以下です。
赤字部分がタイトルを獲得した階級です。

ボクシング階級表でみるフロイド・メイウェザーの5階級制覇

階 級 体重(kg) 体重(lb)
ミニマム級 ~47.61 ~105
ライト・フライ級 47.61~48.97 105~108
フライ級 48.97~50.80 108~112
スーパー・フライ級 50.80~52.16 112~115
バンタム級 52.16~53.52 115~118
スーパー・バンタム級 53.52~55.34 118~122
フェザー級 55.34~57.15 122~126
スーパー・フェザー級 57.15~58.97 126~130
ライト級 58.97~61.23 130~135
スーパー・ライト級 61.23~63.50 135~140
ウェルター級 63.50~66.68 140~147
スーパー・ウェルター級 66.68~69.85 147~154
ミドル級 69.85~72.57 154~160
スーパー・ミドル級 72.57~76.20 160~168
ライト・ヘビー級 76.20~79.38 168~175
クルーザー級 79.38~86.18 175~190
ヘビー級 86.18~ 190~

とにかく強いチャンピオンでした。

フロイド・メイウェザーが使うトレーニングツール

floyd-mayweather-5-w640-h600

安定感のある強いチャンピオンというのはしっかりと練習をする。

これがバックボーンとなる。

激戦のプロの世界で無敗でいるというのは並大抵のことじゃない。

百戦錬磨の身体が彼の戦績を作り上げ沢山もMONEY(金)を稼ぎ出した。

メイウェザーの鉄の身体を作ったトレーニングツールがこれだ。

メディシンボール

メディシンボールで鍛えるフロイド・メイウェザー

【LINK】Amazonでメディシンボールをみてみる

メディシンボールはトレーニングをしていない人は知らない人が多いと思います。

メディシンボールは重たい玉です。

メディシンボールを腹筋に投げつけて、打たれ強いボディを作ります。

それだけじゃなく、いろいろと工夫すれば筋肉の強化に効果的なトレーニングが出来る。

メディシンボールでバリスティックトレーニング

メディシンボールでプライオメトリックトレーニングをするフロイド・メイウェザー

メディシンボールを用いると筋肉に強い負荷をかけられるバリスティックトレーニングに用いることができます。

筋力を強くするにはメカニカルストレスは欠かせません。

メカニカルストレスを高めるファクターとしては、「大きな筋力発揮」と「十分な伸張性の発揮」とがあります。

バリスティックトレーニングは筋肉に強いメカニカルストレスを与えることができるのです。

負荷を瞬時に強く加速するようにする。

メディシンボールのキャッチボールはまさにバリスティックトレーニングと言えます。

また、投げられたメディシンボールをキャッチして瞬時に投げ返せばプライオメトリックトレーニングになります。

プライオメトリックトレーニングとは「伸張ー短縮サイクル」と呼ばれる運動を指します。

メディシンボールを投げる短縮性動作(コンセントリック)の前に、メディシンボールを受け取る伸張性動作(エキセントリック)が必要。

ということは、メディシンボールでキャッチボールをすれば自然とプライオメトリックトレーニングになるというわけです。

ボクサーは真似をすべきでしょう。

小さいダンベル

ダンベルでシャドーボクシングをするフロイド・メイウェザー

フロイド・メイウェザー小さなダンベルを両手に持ちパンチを繰り出すトレーニングをしています。

インタバルを挟みながら連続して行うことでオールアウトに追い込んでいるのではないかと思います。

【LINK】Amazonでフロイド・メイウェザーが使っているようなダンベルを見て見る。

ダンベルでオールアウトするフロイド・メイウェザー

オールアウトに追い込めばテストステロンが分泌され筋力の強化につながる。

長いラウンドを闘っても切れないスタミナと集中力の強化にも最適です。

プッシュアップバー

プッシュアップをするフロイド・メイウェザー

【LINK】フロイド・メイウェザーが使っていたプッシュアップバーをAmazonで探す。

プッシュアップは嫌う人も多いと思います。

なぜなら、地道で派手さがない分、キツイです。

インターバルを短くとてってプッシュアップを繰り返せば筋肥大は起こります。

これは近年の研究でも明らかになっているのでガツガツやりましょう。

僕もしなければ・・プッシュアップは僕もあまり好きじゃない。

キツイから(笑)

首を鍛える ヘッドストラップ

floyd-mayweather-12-w640-h600ボクシングはパンチを顔面浴びることもある。

どんなに強いチャンピオンでも殴られる。

そんな時に脳を揺らされ、効いてしまわぬように首を鍛え打撃に耐えうる力をつくります。

腹筋ローラー

floyd-mayweather-3-w640-h600

言わずと知れは腹筋ローラー。

このブログの読者様なら誰もが知っていることです。

当ブログの人気記事ランキングでも上位を占める記事がコレです。

【関連記事】【腹筋ローラー】正しいやり方で効果倍増!自宅筋トレでも腹筋が割れる最強ツール

腹筋、体幹を鍛えるには必須です。

プロのアスリートも取り入れるほど効果的。

やってみましょう。

【LINK】Amazonで腹筋ローラーを見てみる

ロープスキッピング(縄跳び)

floyd-mayweather-10-w640-h600

ボクシングの練習といえばの縄跳びです。

リズム感を養いつつ、ダッシュを入れるとインターバルトレーニングも出来る。

真剣にやれば縄跳びはキツイです。

チニング(懸垂)

floyd-mayweather-17-w640-h600

広背筋に聞きます。背中に自重が乗っているのを確かめながらしっかりやりましょう。

バーを胸に引き寄せる感覚でやると良いです。

チニング(懸垂)は嫌いな種目だというボクサーも多いんじゃないでしょうか。

こういう種目って自分の知らないうちに実戦での力になっていることが多い。

floyd-mayweather-15-w640-h600

メイウェザーもしっかりやっています。

パワーを付けていると軽く出したパンチでも相手をのけ反らすことができるんです。

無敗のボクサーはしっかりやっています。

いや、しっかりやっているからこそ無敗なんです。

これが差を生んでいるのです。

フロイド・メイウェザーの無敗とはそういう作業を積み重ねた結果といえるでしょう。

それを一般人は努力と呼ぶ。

動画で見るメイウェザー

画像は以下の動画のキャプションです。

まとめ

チャンピオンの練習を真似ることは非常に大切です。

特にアメリカのボクサーの場合、専門的な知識を持ってトレーニングをしている場合が多い。

アメリカは日本と違い、選手がトレーナーを雇うのです。

日本のようにジムや道場の門下生になり師と弟子の関係にはなりません。

なので、トレーナーは選手の結果が出ないと解雇されます。

その為、栄養学やトレーニングについての知識もある一定以上のレベルが求められるのです。

もし、ここを見ている日本のボクサーがいれば、明日ジムへ行ってトレーナーにADPとATPがどういうものをかを聞いてみて下さい。

答えられないのであれば、筋肉やその構造についての知識に乏しいということですのであまり信じてはいけません。

感覚で喋っている場合が多いです。

人は自分に足りない物を補うためにトレーニングをする。

ボクサーの皆さん、メイウェザーを見習って地道な練習で汗を流し実戦で役立てましょう。

ツールの効果が出てくるとき、きっと掛け替えのないものを手に入れたと実感できます。

それが勝利です。

Just One Victory.

それから・・とにかく、朝は走れ。

ランニングをするフロイド・メイウェザー

ランニングをするフロイド・メイウェザー

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-トレーニング
-, ,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.