筋トレ

腹筋を割るためのEMSトレーニング SIXPADでシックスパック

更新日:

腹筋が割れる

こんにちは。

腹筋が割れているsanasukeです。

腹筋が割れているということは、お腹に無駄な脂肪が少ないという事です。

40代の僕でもお腹の脂肪を落とせば腹筋が割れるんです。

僕と同世代の人はもちろんですが、僕より年下の若者ならば確実に腹筋を割ることができる。

自信を持ちましょう。

そして、効率良く腹筋を割ってみましょう。

スポンサーリンク




40代は太りやすい

メタボリック

40代になると身体の至るところで変化があります。

まず生活の中で体を動かすことが減り、運動不足になりがちです。

会社員生活が長くなり、デスクワークばかりで運動といえば「駅まで歩く」ぐらいのという方も多いでしょう。

僕は意識して運動を心掛けているのですが、40歳を超えた頃からお腹にお肉が付きやすくなりました。

脇腹あたりに脂肪が乗っかると悲しくなります。

悲しいときーっ、脇腹の贅肉が揺れてるときーっ。

・・・

運動をしなくなると筋肉量も減ります。

人間の身体は環境に応じて変化します。

太りやすくなる要因は筋肉量の減少に伴う基礎代謝の低下です。

LINK:【肉体改造】太れない身体を作る。その方法論を教えよう。

僕の場合、筋肉量は増えていますし運動もそれなりにしています。

しかし、全体的な運動量は減っていますし、家族との食事が美味しくてついつい食べ過ぎてしまうことも原因でしょう。

ダイエット方法も若い頃と変える必要があります。

そこで、確実に効果が出るような方法を考えてみました。

食事制限を開始

腹筋を割るには食事制限は必須の項目です。

僕自身、いろいろ試してみて食事制限・食事管理が一番難しいと思う。

カロリーを抑えてても脂質の多いものを食べてちゃ意味がないし。

食事を我慢し夕飯はポテチなんて人もいるんです。

それで「痩せたい」という。

食事制限さえしっかりやれば、中性脂肪が気になっていた人でも普通の体型になります。

40歳代になると確実に痩せにくくなります。

これは自然の摂理ですので素直に受け止めましょう。

ならばカロリー制限で引き締めればいい。

ダイエットは理解してこそ成功する!カロリー収支で計画を立てる

何度もダイエットに挑戦して惨敗続きの方、ここに辿り着いてよかったですね。 あなたがダイエットに失敗し続けたのは「意気込み」だけでやろうとしたからです。 世の中を見て下さい。 最終的に勝つのは戦略・戦術 ...

一週間に一度ぐらいのチートデイを挟むと効率よく身体を絞れます。

デートとチートデイを同じ日にすることによって、筋トレバカも彼女に嫌われません。

これこそ、チートデートです。

【チートデイ】ダイエット中の息抜きにチートデート

こんにちは。 ダイエット中のsanasukeです。 しかし、僕は今日こんなに食べました。 ・サンドウィッチ ・オムレツ ・照り焼きチキン ・ごはん ・パンケーキ ・ジャイアントコーン ・春巻き ボクサ ...

しかし、ここで問題点を一つ挙げておきましょう。

チートデイは連日しちゃいけませんよ。

チートデイではなくなってしまう。

腹直筋を鍛える

食事制限と同時期、若しくは食事制限を1週間ほど続けたら腹筋を鍛えていきましょう。

腹筋の鍛え方は何度もココに書いてきましたので敢えて書きません。

リンク貼ります。

腹筋を割るコツはこちら。

腹筋を割りたい!シックスパックを手に入れるために意識するトレーニング

By: Arya Ziai こんにちは。 腹筋が割れているsanasukeです。 割れた腹筋にCHROME HEARTSのレザーパンツはよく合います。 鉄の心で鉄の肉体を手に入れる。鉄はメタファー。 ...

腹筋ローラーはこちら。

腹筋ローラーの効果を実感!正しいやり方と使い方で鍛えた結果

引き締まった腹筋を手に入れたいという願望は誰しもが持っているでしょう。 腹筋ローラー(アブローラー)を使って地道に鍛えれば必ず効果は出ます。 僕は体幹が弱いことを指摘され、ほぼ毎日やってたら腹筋が蘇っ ...

有酸素運動を取り入れる

1週間に一度程度、有酸素運動を入れていきましょう。

息が切れない程度に長距離のランニングがオススメ。

しかし、有酸素運動ばかりやっても駄目なんです。

有酸素運動は基本的に「ながく動く」ことが前提です。

長く動くためにはエネルギーを保たなければいけない。

エネルギーを保つため、エネルギー消費を抑えるように身体は機能するのです。

よって有酸素ばかりせずに速筋を使う無酸素運動も取り入れる必要があります。

ランニングに速筋を使う全速力の「ダッシュ」を入れるとさらに脂肪燃焼効率が上がります。

運動終了後も脂肪が燃焼されますので効果絶大。

脂肪の燃焼効率6倍のトレーニング

正直いって、食事制限して筋トレしてエアロビック(有酸素運動)までやるんだったら、HIITトレーニングをしたらいいと思う。

脂肪燃焼効率が約6倍です。

LINK:脂肪燃焼効率が6倍。ボクサーの腹筋が割れている理由。ダイエットに最適なHIITトレーニング

ジョギングするならダッシュを入れた方が心肺機能も高めるしやった方がいいです。

ジョグ&ダッシュを交互にやり心拍数をどんどん上げて行く方法。

筋トレでいうところのドロップダウンに似てなくもない。

息が切れるまで全力で走り「もうダメ」と感じたところでジョグ。

息が整うまでジョグをして、また「もうダメ」と感じるまでダッシュ。

これを繰り替えせば確実に脂肪が燃える。

腹筋を割る流れ

「食事制限」→「腹筋を鍛える」→「有酸素運動+HIITトレーニング

これが確実な方法でしょう。

筋トレの後に有酸素運動をすることによって、速筋を導入しきった状態からさらに追い込むことで脂肪を燃やす。

有酸素運動は筋トレの後が効果的です。

そして、テレビを見ながら腹筋を使うのは無意識の腹筋運動。

EMSトレーニングです。

無意識の腹筋クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ ロナウド ポスターサイズ:42x30cm レアル・マドリード 写真 CR7 Cristiano Ronaldo Real Madrid

人間には限界などない。

鍛え続ければ必ず、肉体にも革命を起こせるはずだ。
EMSは僕にとって欠かせない、日常のトレーニングだ。

というのは、世界トップレベルのサッカープレイヤー

クリスティアーノ・ロナウドです。

こんな一流選手も使っているのがEMS。

EMSとは

sixpad

通常、筋肉は脳から信号が送られることにより動きます。
EMS(Electrical Muscle Stimulation)は、電気刺激によって筋肉へ直接信号を送り、運動させるテクノロジーです。

ようするに脳の指令なしに筋肉を動かすってことです。

筋肉は無意識のうちに動く。

これって筋トレのコツと真逆な感じがしますよね。

筋肉を鍛えるときは、収縮させる筋肉、つまり「使う筋肉」を意識します。

意識することで筋肉が動き、しっかりとした収縮を行うことができる。

なので、一定の回数を終え集中力がなくなると筋肉を意識して動かせなくなります。

そうなるとフォームが崩れ、間接に必要のない負荷が掛かり怪我の原因になる。

しかし、無意識の筋トレEMSは違うのです。

意識をすることなく、直接電流を送ることによって筋肉を動かすのです。

だからテレビを見ながらでもできる。

筋肉に刺激がいき鍛えられる感覚がある。

ただ、僕は「ながらトレーニング」をやっている最中も、筋肉へ意識を集中させることは必要だと思う。

そうすることで、脳と身体を結ぶ神経回路が作られる。

EMSは腹筋運動の補助的役割として考えることが無難でしょう。

才能を磨く努力を怠るようでは、世界No.1になれない。

僕はいつも、そう自分に言い聞かせている。

EMSも、大切なトレーニングのひとつだ。

毎日の積み重ねがきっと、最高のパフォーマンスにつながる。

身体を鍛えるのに魔法なんてないのだから。

ロナウドもトレーニングに使ってこの腹筋を作ったと公言しています。

普段のトレーニングにプラスして使うとことで、ロナウドのような腹筋を手に入れられる。

【LINK amazon】シックスパッド アブズフィット2(SIXPAD Abs Fit2)MTG【メーカー純正品 [1年保証]】

ライザップの3D Shaperでウエストを絞る

肉体改造の本家、ライザップからも発売されました。

LINK:驚くほど美しいウエストを実現する腹筋ベルト【3D Shaper】

いままでライザップの力を借りてダイエットに成功した方も多い。

ライザップなら任せて安心な部分がある。

ぜひとも使ってみて下さい。

腹筋を割る!まとめ

腹筋を割るには以下の工程作業が必要。

・食事制限
・筋トレ
・有酸素運動
・HIITトレ

で基本ベースを固め、さらにEMSを利用したトレーニングで確実に割っていく。

LINK:驚くほど美しいウエストを実現する腹筋ベルト【3D Shaper】

脂肪燃焼の基本は摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすこと。

腹筋を割るのは難しくないけどその体型を維持することが大切です。







関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さなすけ

さなすけ

元プロボクサーのデザイン関連会社員。 妻と子とサスケ(オカメインコ)とクロムハーツを愛し、筋トレに目覚めたブロガーです。

-筋トレ
-, ,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2018 All Rights Reserved.