WESCO

CHROME HEARTSのレザーパンツとWESCO ORIGINAL THE BOSS

投稿日:2019年1月31日 更新日:

WESCO THE BOSS

一生モノはリペアを前提に成り立っている。

特に靴はその傾向が強い。

先日、僕はCHROME HEARTSのカスタムWESCO BOSSを修理に出した。

クロムハーツ ブーツのスクロールラベル外れとヒール交換について

僕はクロムハーツのブーツを普段使いでガシガシ履いています。 もっとも使用頻度が高いのが写真のBOSSです。 脱ぎ履きが楽な上にタフ。 ビジュアル的にもシンプルでいて無骨で勇ましい。 強さ溢れる佇まいで ...

2足あったCHROME HEARTSのブーツがなんと同時に修理というタイミングの悪いことが起こってしった。

従って、僕はいまオリジナルのWESCO THE BOSSを履いています。

これがCHROMEHEARTSのレザーパンツにめちゃくちゃ合っている。

CHROME HEARTSのレザーパンツとWESCO BOSS

CHROME HEARTSのレザーパンツのためにあるブーツと言っても過言ではない。

スポンサーリンク




リチャード・スタークもWESCO BOSS

リチャード・スターク

CHROME HEARTSのボス、リチャード・スタークも純正のWESCO BOSSを履いている。

ボス繋がりということで。

リチャード・スタークのWESCO BOSS

リチャードが身に着けると全てが画になる。

こういうことを出来るがアメリカって感じです。

日本では室内で靴を履いたままって習慣がないですからね。

それにブーツのままだと部屋中が砂だらけになる。きっと。

リチャード・スタークのWESCO BOSS

使い込んWESCOブーツにCHROME HEARTSのレザーパンツはリチャードの定番アイテム。

CHROME HEARTSMAGAZINEのレザーパンツとWESCO

リチャードのBOSSは僕のよりもっとボロボロですが、彼が履くと不思議と魅力的なんですよね。

CHROME HEARTS OSAKAと同じ歳

CHROME HEARTS OSAKA

このWESCO BOSSはまだサイクルマンがWESCOの代理店を務めていなかったころ、鐘馗堂というショップで購入した。

2000年の11月頃に注文をし2001年1月31日から履き始めている。

これは、CHROME HEARTS OSAKAが心斎橋にオープンしたときでもある。

いまでは見慣れた天井のレリーフもこの頃は階段からみあげるクロスの大きさに心を奪われたことを思いだす。

CHROMEHEARTSを語り出すと、止まらなくなるのでここで止めておきます。

あれから18年。

僕の初代WESCO BOSSはヨレヨレになってしまった。

WESCO THE BOSS

色落ちしてヨレヨレになってしまったけど、CHROMEHEARTSのレザーパンツに合わせると、この色落ちが味になる。

CHROME HEARTSのレザーパンツにWESCO BOSS

クロスパッチが効いたブラックレザーがをWESCOブーツがより際立たせる。

CHROME HEARTSのレザーパンツ

レザーパンツに必須のクロスパッチ。

クロムハーツのレザーパンツに付いたクロスパッチ

CHROME HEARTS レザーパンツ

まとめ

リチャード・スタークはいつまで経っても革パンが似合う。

その足下を飾るのは、もちろんWESCO BOSS

エイジングを楽しむには、当時と同じ体型を維持する必要がある。

肉体は不可逆的にアンチエイジングを望み、モノには味わい深いエイジングを望む。

 

 

 







関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-WESCO

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2019 All Rights Reserved.