CHROME HEARTS FASHION

【クロムハーツ】シアリングボックスジャケットのエイジング

更新日:

こんにちは。

今年に入ってから極寒が続き、汎用性が上がっているのがこちらのシアリングジャケット。

若い頃の勢いに任せて購入してから18年になろうとしています。

当時はまだCHROME HEARTS OSAKAも存在していなくて、

BIGSTEPにあったユナイテッドアローズ心斎橋店がクロムハーツの売り場面積を拡大したときに一着だけ入荷したのがこのジャケットでした。

ざっくりと羽織ったシアリングジャケットはクロムハーツのレザーパンツと相性もよく試着した鏡の姿に惚れて購入に至りました。

レザーパンツと相性が良いということは、全身クロムハーツのスタイルで過ごせるということでレザーパンツを穿いたらシアリングジャケットも纏うという感覚で使用していました。

よって、レザーパンツに近いエイジングがこのジャケットにはあります。




クロムハーツ シアリングジャケットのエイジング

がっつり着込んだシアリンジャケットのレザーはどのように変化するのでしょうか。

実際にみていきたいと思います。

ただ、新品の頃の写真がございませんので・・(笑)

CHROME HEARTSの店舗へいった際に新品のシアリング素材を触って確認してください。

スリスリしたくなるようなやわらかさです。

その前にシアリングのレザーとはどういったものを刺すのか見ておきましょう。

シアリング(Shearing)とはどんな革?

シアリングは「毛を刈り込んだ羊毛」という意味。
ムートンの毛足を刈り込んで風合いを変えたり、模様をつけたりすることを言う。
ファッションプレス

シアリングは非常に肌触りが良いです。

では、もうすこし近寄って見てみましょう。

柔らかく細かな短い毛がシアリングの肌触りを生んでいる。

シアリングに似た感じの革でスウェードもありますが、現物を見るとまったく別物です。

スウェード

スウェードは革を鞣した後に内側をサンドペーパーなどを用いて起毛させています。

クロムでなめした皮の内側を、回転砥やサンドペーパーなどで磨いて起毛(けば立てること)したもの。 子牛や山羊革を主に使い、手袋、靴などに使われる。 スエードは元は「スウェーデン」の意味で、「gants de Suède(スウェーデン手袋)」という言葉から、製法を意味するようになった。
スエード Wkipedia

なめしは鞣しとは皮を革に変える作業だと思って下さい。

皮はそのままの状態だと衣服などには使えません。

腐敗したり、乾燥すれば硬くなってどうしようもなくなります。

そんな皮を「鞣し」によって使える革にするのです。

クロムでなめした皮というのは「塩基性硫酸クロム」という科学薬品を用いてなめした革の事を言います。

僕が所有スウェードといえばクロムハーツ×ビルケンのボストンです。

ではスウェードとシアリングの違いを見ていきましょう。

アップにすると違いが分かると思います。

スウェードはシアリングに比べ目が粗いです。

ゴツゴツした感じすらあります。

再度シアリングです。

はっきりと違いがわかるでしょう。

艶が出るシアリング

シアリングは毛足を刈り込んでいるため銀面レザーのような光沢はありません。

ですので、CHROME HEARTSのレザーパンツとの相性も抜群です。

しかし、使い込めば革が当たる部分は光沢を帯びてきます。

袖の内側は毛足が寝て革がものすごく光っています。

使い込むことで光沢が増すのは革の魅力でもあります。

また、黒染されているレザーは色落ちしますので購入時の真黒という感じはありません。

リフォームしてサイズ調整

クロムハーツが日本人向けにサイズ感を変更したヴァージョンジャパンが発売され

クロウハーツ各店にもジャストサイズのジャケットが並びだした。

ハンティングジャケットのサイズ感が完璧だったのでシアリングジャケットもリフォームすることを決めた。

当時の担当者がフィッティングが完璧だったので僕の体型を採寸しリフォームに着手。

3万ほどでシアリングジャケットは僕の身体にピタリと納まるようになった。

当時の担当者S氏には本当に感謝している。

僕がクロムハーツを更に好きになったのはこの人物の存在が大きかったです。

ありがとう。

サイズ感が上がったアイテムは使用頻度も上がる。

エイジングに更なる磨きがかかるというわけ。

サイズが合っていないと感じる方は迷わずリフォームしましょう。

セメタリーパッチでスペシャルオーダー

既存アイテムでは物足りない方はクロムハーツでオーダーをしても良いかもしれません。

シアリングジャケットは軽い

シアリングジャケットは他のクロムハーツのアウターよりも軽いです。

ハンティングジャケットなどと比べるから重たく感じるというのもあると思いますが、この軽さも使用頻度が上がる要因です。

軽く出掛けるときには選んでしまうのがこのジャケットです。

シアリングジャケットは暖かい

真冬の アウターとしてはもっともここが重要かと思いますが

シアリングジャケットは非常に暖かいです。

今年の冬は大活躍しています。

ハンティングジャケットよりも体温が籠ることもあり、身体が暖まります。

ダウンジャケットの原理です。

クロムハーツでシアリングジャケットを購入するとき、スタッフからは菜かはT-shirtでいけると言われましたが、それは無理です。

T-shirtは寒いです。

カナダグースならいけるかもしれませんが。

まとめ

会社員として過ごすことが多くなるとレザーパンツよりも汎用性の高いアウターの方が羽織る機会が増えます。

ボックスジャケットは流行り廃りがないデザインですので、一着あるだけで末永く使っていくこ とが出来ます。

僕がそれを証明していると言えるでしょう。

クロムハーツのシアリングジャケットを愛用して18年。

これからもガシガシ着倒します。




関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-CHROME HEARTS, FASHION
-,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2018 All Rights Reserved.