トレーニング 筋トレ

Wバー(Wシャフト)で全身を鍛える!肉体改造には必須の道具

投稿日:2016年10月22日 更新日:

筋トレで鍛えられたsanasuke

こんにちは。

両腕を痛めているsanasukeです。

右の上腕二頭筋と左手首を痛めてから、ダンベルカールをしていませんでした。

しかし、トライセプスバーを用いて軽めのハンマーカールをしたらそれほど痛みを感じなかった。

やはり、バイラテラル(両側性)の方が負荷が分散されるからでしょうか。

しかも狙った二頭筋が張ってるし、負荷も乗っているようでした。

アームカールが出来ない分バイラテラルでバーベルカールをして両腕を追い込むことにしました。

そして、買ったのがこちら。

スポンサーリンク

スマホ用

Wバー、EZバー

Wバー(Wシャフト)

【LINK 楽天】IROTEC(アイロテック) レギュラーWバー

【LINK Amazon】IROTEC(アイロテック) レギュラーWバー

Wバーです。

なぜWなのか分かりますよね?

そう。形状がWだからです。

草生やしているみたいでイヤですけどw

むかしよく「アフィカスwwww」みたいなコメント頂いたのでこのWを見るとムカつく(笑)

そんなwのWバーですwww

Wバーの長さ

Wバー(Wシャフト)の長さ

自宅で鍛えるには、これぐらいの大きさがベストかと思います。

あまりに大きいとアームカールをやったときに、デスクに当たったり、壁にぶつけたりして使えない状態になりかねません。

自宅筋トレで肉体改造を狙うのなら、最適な大きさと言えるでしょうね。

Wバーの重さ

重量は6kgです。

ハンティングジャケットの倍ですのでかなり重いです。

女子ならプレートを付けずにWバーだけでも筋トレができます。

※ちなみに、当ブログで僕が○○kg上がった!という表現を用いているものってプレートの重さのみです。バー(シャフト)の重さは入れていません。

Wバーの使い方

Wバーがあれば様々なトレーニングが出来ます。

グネグネバーは使えるバーなんです。

Wバーでバーベルカール

手首が平らな状態じゃなく、少し内側(逆ハノ字)になるため手首に負担が掛かりません。

力コブを作るときの上腕二頭筋が鍛えられます。

どうです。

上の画像は僕が目指しているJINさん。

いやー、目標は高い方が良いのですが、金子賢さんから一気にグレードが上がった感じです。

上腕二頭筋には長頭と短頭があります。

両手を肩幅より狭くすることで上腕二頭筋の長頭が鍛えられます。

長頭は上腕二頭筋の外側。

逆に広くすると短頭が鍛えられます。

短頭は上腕二頭筋の内側です。

左手首を痛めている僕には最適のツールと言えます。

リバースカール

Wシャフトを下から持つのではなく、上から持ちます。

写真の状態です。

このまま上げ下ろしをすることで前腕が鍛えられる。

この時も前腕(筋肉の名称)に負荷が乗っていることを意識して行なってください

ライイング・トライセプス・エクステンション


腕を太くしたいのであればトライセプス(上腕三頭筋)を鍛えるのがベスト。

というのも三頭筋は腕の中でもっとも割合を占める筋肉。

腕全体の70%が三頭筋なんです。

腕を太くしたい。ということにコダワルのであれば

三頭筋を鍛えまくっていればガッツリとした腕が出来上がる。

Wシャフトを用いた三頭筋の鍛え方です。

Wバー(Wシャフトで)ビッグスリー

Wバーがあれば自宅でもビッグ3が出来る。

そう、やる気があれば何でも出来る。

どこでも出来る。
【関連記事】一般人から超人へ!BIG3を極めて肉体改造からのアンチエイジング

ベンチプレス

言わずとしれたベンチプレス。

Wバーでも持つ所を気を付ければしっかりとベンチプレスができます。

ダンベルプレスと合わせてやることで胸に山盛りの筋肉を付けることができる。

Wバーだけに。wwww

www←やっぱこの草は腹立つね。

バックスクワット

 

いままでトライセプスバーを背負ってバックスクワットに取り組んでいましたがこれからはWシャフトでやります。

トレイセプスバーでバックスクワットってやりにくかったんですよね。

Wバーがあれば重量ももっと増やしていけるでしょう。

デッドリフト

 

Wバーがあればもっとデッドリフトをやることができます。

鬼の背中が出来ちゃいますよ。

まとめ

Wバーは非常に使えます。

負荷を増やしてデッドリフトをもっと極めていきたいとも思っています。

しかしAmazonで購入する場合は気を付けなければならないことがある。

・・・

スマホ用

スマホ用

人気記事一覧

-トレーニング, 筋トレ
-,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.