CHROME HEARTS WESCO FASHION

【クロムハーツ】夏もWESCOブーツを履くために。汗と気になるニオイ対策

更新日:

CHROME HEARTS×WESCOBOOTS

季節は進み、額に汗が滲むようになりました。

がしかし、僕はまだブーツです。

まだ、という夏もブーツで過ごします。

海だってWESCOブーツでいきます。

クロムハーツを愛用している方はブーツが大好きという方も多く、夏でもガッツリ履きこんでいる事だろうと思います。

ブーツで気になるのは汗を掻いた「足の臭い」じゃないでしょうか。

これは女子でも気になる問題でしょう。

スポンサーリンク




汗は無臭

汗

汗はクサいイメージがありますが、そんな事はありません。

汗は「無臭」なんです。

ニオイが無いのです。

汗の成分のうち99%が水分で残りの1%に塩分やアミノ酸などが含まれます。

汗がしょっぱいのはこの塩分の味です。

では、なぜ足から異臭を発するでしょうか。

靴を履いていると足に汗をかきます。

汗は皮脂腺とエクリン汗腺でますが、人間の皮膚に常在している菌が分解することで異臭を放つ物質が生まれます。

足に発生する物質で「イソ吉草酸」がブーツや靴の中で蒸れることで臭いニオイを発するのです。

つまり、汗は無臭だけど人の身体にある菌が原因で臭くなってしまうのです。

足のニオイ対策

常在菌でニオイが発生するのならば、常に足を清潔に保っておくことが大切と言えます。

お風呂で足を洗う時にも注意が必要です。

実は、ボディーソープで足を洗ってはいけません。

ボディソープにはお肌のツッパリを防ぐために保湿成分が入っていることがあります。

菌の繁殖を防ぐためにも足を乾燥させておくのが大切。

保湿成分が入っていない個形の石鹸でしっかり洗いましょう。

足の指の間から爪の中までしっかりと洗います。

お風呂から上がっても、しっかりと乾燥させることが大切です。

菌が繁殖しにくい環境を作りましょう。

殺菌作用のある足洗いソープ

足のニオイの原因が菌というのなら、殺菌しちゃえばいいのです。

菌を殺してニオイの原因を断つ。

そのためのソープです。

殺菌作用があり、足の匂いと汚れを取ってくれます。

靴の嫌な臭いを消す

消臭は足だけじゃダメです。

イソ吉草酸がブーツで蒸れることが臭いニオイの原因なら、ブーツに付いたニオイと足のニオイをダブルで消臭する必要があります。

そんなときに役立つのが靴の消臭スプレー。

ドクターショール 消臭・抗菌 靴スプレー 無香料

続いては強力な粉末です。

靴を履く前にも消臭スプレーをすることでニオイを元から断つ。

これは、足のニオイが完全になくなるまで続けましょう。

僕の足が臭くならない理由

色々と上に書いていますが、僕は運が良いことに足のニオイは無臭です。

足のニオイの事なんて考えたことすらなかった。

金持がお金の事を考えないように、そこにコンプレックスがないと人ってあまり考えないのです。

だから毎日同じブーツを履いても全く問題無い。

ブーツ好きな僕としては救いでした。

一週間同じブーツ(WESCO THE BOSS)を履き続けたりしても足のニオイは全くない。

毎日同じ靴を履くと菌が増殖して・・みたいな話を聞くけどそんなことは全くない。

ここで思った事は靴の問題。

若い頃から良質なレザーブーツに出会う事ができた。

これは良いブーツを履いているというのもあると思います。

激安靴で脚が蒸れた

一度だけですが某ショッピングセンターで販売していた激安のビジネスシューズを買ったことがある。

オールデンを汚したくなくて、仕事には3000円程度の革靴モドキを履いていたのです。

しかし、その靴を履くと足がびしょびしょになるのです。

もう靴下の湿り方が半端じゃない。

水たまりにでも入ったっけ??と自分でも勘違いしてしまうくらいの汗の量です。

大袈裟じゃなくて足の中が凄くぬるぬるとした感じで汗をかく。

3回ほど履きましたが、すぐに捨てちゃいました。

あれを履き続けたら足がクサくなるどころか、水虫になってしまう。

モノにもよるとは思いますが、僕が選んだ靴は最悪の結果でした。

そんな靴に比べてALDEN(オールデン)WESCOブーツも汗はかきますが、靴の中が汗でびしょ濡れになることはありません。

というわけで一つ目対策はなるべく良い靴を履くことです。

良い靴というのは高価な靴という意味ではなく「良質な靴」です。

勘違いしては困るのですが、全ての3000円代靴が悪いといっているわけじゃありません。

Amazonには安価でも良いシューズが沢山販売しています。

【Amazon】1500円~5000円のビジネスシューズはこちら

レビューが付いているので参考すれば、安価で質の良いビジネスシューズが手に入るかもしれません。

シューキーパーを使う

シューキーパーは靴の番人というだけあってこれを入れることで靴を守ってくれる作用がある。

革靴の天敵は湿気です。

足は一日で200mgの汗をかくというそんなときにはシューキーパーを使いましょう。

シューキーパーについては以前の記事を参考にしてください。

【関連記事】靴が長持ちする!シューキーパー(シューツリー)のメリットとデメリット

インソールに拘る

僕はWESCOとホワイツにはSPENCOのインソールを入れています。

これを入れると足の蒸れだけでなくフィット感も上がる。

スペンコのインソールを入れた靴を履けば履くほど足にフィットして僕の足の形が出来上がる。

しかもスペンコのインソールは洗えます。

【関連記事】清潔!快適!最高の靴の中敷 Spenco(スペンコ)のインソールを洗う

ワークブーツを清潔に保つには最適のアイテムと言えるのではないえしょうか。

まとめ

僕の職場はドレスコードはあるのですが、非常に甘いので僕はWESCOを年がら年中履いてます。

中でもCHROME HEARTSがWESCOをカスタムしたブーツが気に入っていて、履いているだけで幸せな気持ちになれるのです。

職場でのストレスもCHROME HEARTSのブーツのお陰ともいえます。

しかし汎用性が上がるのならそれだけ大切にして上げなけれ靴が傷んでしまいます。

WESCOやホワイツは強いブーツですが、それでもやはり無茶すると可哀想。

アメリカのロガーやバイカーたちが好んで履くブーツはタウンユースならほとんど無傷でしょう。

しかし、それでも愛情を注ぐことで靴は期待に応えてくれる。

エイジングを楽しむにはまずは愛情。







関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-CHROME HEARTS, WESCO, FASHION
-,

Copyright© NEW AGEING-LOG , 2018 All Rights Reserved.